霜花の姫(中国ドラマ)最終回あらすじを結末までネタバレ!

霜花の姫 あらすじ最終回

霜花の姫(中国ドラマ)最終回あらすじをネタバレしていきます。

 

霜花の姫は、2018年アジア太平洋地域で最もハンサムな顔100人にランキング入りした俳優ダン・ルンが主演の甘く切ないファンタジー・ラブ史劇です。

恋心を封じられた姫と天帝の息子の命がけの愛を壮大なスケールで描かれています。

天地にかけて誓った2人の恋路は?

 

今回は、霜花の姫(中国ドラマ)最終回あらすじを結末まで完全ネタバレしていきます。

霜花の姫(中国ドラマ)の最終回あらすじ

それでは早速、結末まで一挙公開していきますよ!

潤玉と旭鳳

潤玉は旭鳳に『もうすぐこの天界もお前のものになる』と言う。

すると旭鳳は、『さっき赤霄剣と琉璃浄火で窮奇を崩壊させた。お前は死ぬ運命だ』と返す。

そんなやりとりの中旭鳳は発作を起こし『錦覓がいない世界なんて意味がない。お前はこれから孤独に生きて罪を贖えばいい』と言う。

潤玉の頬に涙がつたう。

 

潤玉と旭鳳はお酒を酌み交わす。

潤玉は、『花がよく咲いている』と言うと、旭鳳は『どれも野の花で、璇璣宮の足元にも及ばないよ』と言う。

潤玉は更に『錦覓が死んで璇璣宮の月下美人も消えてしまった。その後消息はつかめた?』と尋ねるも、旭鳳は首を横に振って答える。

旭鳳は『発作もあの時以来ない』と。

桂花酒

潤玉は『この桂花酒は錦覓が作ったもので、これが最後の瓶だ』と言いながら旭鳳のに酒を注ぐ。

旭鳳はそれを潤玉に飲んでもらおうとするも、『もういいよ』と断る潤玉。

 

潤玉は『天帝の座を譲り受け天界を得たからには責務がある。私情を挟んでいてはならない。私たちの人生は長くて孤独なものだ。錦覓の帰る場所は最初からお前だけだった。私が彼女の中に入り込んだことはない。』と言う。

潤玉は『元気でな』と目に涙を浮かべ去っていく。

遺品

錦覓の遺品の箱を開ける旭鳳。

そこには旭鳳との思い出の品が沢山詰まっていた。

 

旭鳳は押し倒しキスした時のことを『あの時は酔ったふりをして君を抱きしめた。穂禾の名前を呼んで誤解を与えた時は本当に苦しくてすぐにでも釈明したかった』と、思い出していた。

『本当は君の事が好きだったのにその思いを封じるために傷付ける言葉も言った。時が戻せるのなら今すぐ邪念を振り払って君を抱きしめる。どうして一人でこの世を去ってしまったのだ…』とうつ伏していると、『鳳凰』と言う錦覓の声が聞こえてきた。

錦覓が旭鳳の元に?

旭鳳の元に錦覓が現れた。

旭鳳は『3年間もどこに行っていたんだ?私が間違っていた。もう絶対に君を離さないからどこにも行かないで』と言う。

錦覓も『もちろんどこにも行かないわ』と。

しかし、その時錦覓の体がすぅっと消え始める。

『どこにも行かないで。一人取り残さないで』と泣きうったえる旭鳳。

錦覓は『私はあなたの涙だったの。この定めからは逃れられないのよ』と旭鳳の瞼にキスをして姿を消す。

長芳主への告白

花界。

旭鳳は長芳主に『自分が見たものは同じように錦覓も目にしている。まさか錦覓の魄が私の目に宿っていたとは』と打ち明ける。

錦覓が現れた時は金丹の副作用が出ないことにも気がついた旭鳳。

亡くなってからも自分の体内の寒気を吸収してくれていたのだと。

旭鳳は再び錦覓を探し出すことを誓う。

再開

人間回で輿に乗った錦覓を見る旭鳳。

旭鳳が『迎えに来た』と言うと、錦覓も婚約者の元へは行かず神輿から降りて旭鳳と一緒に行く。

『何回生まれ変わろうとも、君は私の妻になる運命だ』とプロポーズ。

その翌年に、2人の間には息子・小鷺が誕生する。

 

釣りをしている小鷺のところに潤玉が来て話していると、錦覓が小鷺を迎えにやって来る。

潤玉が錦覓に今幸せかを尋ねると、錦は静かに小鷺を見てほほ笑む。

錦覓が小鷺と話していると今度は旭鳳がやって来る。

小鷺を抱を抱いて歩く旭鳳の背中を見ながら『私は2人の男性を愛したわ。結局は1人とは距離を置き、もう1人を選んだ』と振り返る錦覓。

 

一方の旭鳳も敵を討ち欲しいものを手に入れてきたが、孤独は権力ては埋まらないことを悟っていた。

錦覓は旭鳳が小鷺をあやす姿を見ている。

その光景は決して色鮮やかな景色ではないことを感じていた。

それでも錦覓は、『今はあなたたちがいて、あなたの瞳や小鷺の笑顔は私にとって世界一鮮やかな花園だわ』とかみしめていた。

 

いかがでしたか。

本当に綺麗な映像でした。

キャストの誰になっても痛いほど気持ちが理解できるロマンスでした。

全63話と長編なので終ってしまってロスになっている方も多そうですね。♪

霜花の姫(中国ドラマ)の最終回あらすじまとめ

霜花の姫(中国ドラマ)最終回あらすじを結末まで完全ネタバレしてきました。

いかがだったでしょうか。

 

ダン・ルン、ヤン・ズー、レオ・ローは、まさにこういった雰囲気のぴったりのオーラと容姿でした。

前半はコメディタッチもありでしたが、後半は涙の展開が続きました。

まだ視聴されていない方には是非!

恋心を封じられた姫×天帝の息子の命がけのラブストーリーをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です