私はチャンボリ第72話のネタバレ!ミンジョンがいよいよ窮地に?!

私はチャンボリ ネタバレ 72話

韓国ドラマ『私はチャンボリ』第72話ネタバレをしていきます。

 

『私はチャン・ボリ!』は、実の娘と養女の身分が入れ替わり、激しく対立する二人の娘と二人の母親を描いた物語です。

夢に向かって突き進む明るく前向きなヒロイン・ボリは、気は強いが情に厚い主人公。

そんなボリに対抗心を燃やし、事あるごとに彼女の邪魔をするのがボリの義姉ミンジョン

 

個性&魅力溢れる主要キャスト陣が集結した超話題作!

全74話なので、今回ご紹介する第72話はクライマックスの部分ですよね。

 

それでは、『私はチャンボリ』第72話ネタバレをしていきます。

第71話はこちら <<◾︎>> 第73話はこちら

『私はチャンボリ』第72話ネタバレ


本格的にバトルが展開されていますが、いよいよ最終回まで残すところ2話となりました。

早速気になる内容を見ていきましょう。

 

『ピスルチェの審査会』1つ目の課題

針線医とその後継者を決める審査会当日を迎えたピスルチェ。

審査員には大統領夫人や大物方が揃っていました。

最初の課題は、スミが復元した王の衣装に合う龍補を手に入れることでした。

 

審査の前にオクスは、『自分は本物のヨンボと自分が作った偽物のヨンボを持っていた。ところが、偽物のヨンボが何者かに盗まれた』と、言います。

ミンジョンも言われっぱなしではありません。

『盗んだのではなく、ヨンボを持って来た。しかも、昔ならボリが持っているヨンボが良いかもしれないけれど、20年経った今、スミに似合うのはこっちのヨンボです!』と主張します。

ボリがいくらミンジョンの盗みを訴えたところで、『審査員パク・スミの実孫が龍補を元々2つ持っていたのなら、それを課題にした事自体が不正で不公平だ!』とも。

 

誠実なボリの勝利を信じるパク先生は、機転を利かした質問を投げかけます。

20年前に作られ、何度洗濯をしても糸がよれないチェ先生の龍補を推す人、チェ先生の龍補に負けない技術が施されたオクスの龍補を推す人と、意見が別れます。

そんな中、大統領夫人が『厚みがあるボリのヨンボの方がいい』と言い、着る人の事を考えて龍補に一工夫を加えたボリが勝利します。

ボリはオクスの知らない間に一、龍補に充て布をしていたのです。

 

ミンジェにも審査員から使用した糸に関する質問が出ますが、的外れな答えをしてしまいます。

ボリの説明に感心した針線医たちは満場一致でボリとオクスを支持し、結果、第一次審査はボリに軍配が上がります。

 

ミンジェの打算

応援に来ていたピダンを歓迎するボリ夫妻。

 

ところが、審査会に提出する寿衣にジュースをこぼしてしまい、ボリの作品にシミが付いてしまいます。

その事を知ったイナは、『ミンジョンに言われてここに来たの!?』と、ピダンを責めます。

ボリは『わざとじゃないから大丈夫よ。』と、優しくピダンを慰めます。

 

ジサンが告訴したために、ミンジョン逮捕のため刑事が会場へやって来ます。

ヘオクはミンジョンに『審査会は諦めて逃走した方がよい!』とアドバイスをします。

しかし、その声はミンジョンには届かなかったようです。

 

ボリの作品にシミが付いた事を知り、『自分には勝ち目がまだ残されている。』との打算が働いてしまったミンジョン。

あろうことか、この期に及んで母親に逃走資金を用立てるよう依頼するのです。

 

『ピスルチェの審査会』2つ目の課題

そうこうしている間に二次審査が始まります。

2つ目の課題は、死装束を作ることでした。

 

ボリが提出した寿衣には、ひまわりの絵が描かれていました。

ボリは『曾祖母が好きな花の絵を娘が加えました。』と説明します。

更に、オクスが『亡き夫の好きなヨモギで麻布を染めました。』と加えると、審査員たちは『心のこもった作品だ』と、感動をします。

パク先生はそれを聞き涙目に。

 

一方、ミンジョンも『私はノグォンサムを寿衣として作りました。』と言いながら、くるんでいた風呂敷を広げます。

すると、中には自分の物ではない真っ白な韓服が入っていました。

焦るミンジョン。

 

イナの告白

そこにイナが『これは私が作った寿衣です。』と言います。

『一つは義理兄のもの。もう一つは義理姉のお腹で亡くなった胎児のもの。』と、イナはこれまでの罪を詫びるのです。

『たった一日でいいから、娘に恥じない母親になりたい。』と言い、全ての罪を告白します。

 

ミンジョンは遂に味方にまで裏切られてしまいました。

 

ですが、イナの謝罪など自分には関係ないミンジョンは、『彼女は自分の娘を勝たせるために仕組んだ事だ。そもそもあんな懺悔も演技だ!自分が作った衣装が隠されたのでこんなの無効だ!』と騒ぎます。

 

審査結果

人の心が通じないミンジョンに審査員たちは呆れ果てます。

審査結果は誰の目にも明白でした。

パク先生は、オクスをピスルチェの針線医としてチャンボリとオクスの後継者として任命します。

そして、イナとミンジョンはピスルチェを去るように命じられます。

 

と、ここまでが『私はチャンボリ』第72話のネタバレです。

ついに悪党ミンジョンが追い込まれてきましたね。

 

ここまでやるか!と言う程、ミンジョンの悪事が展開されてきましたが、今回でようやく視聴者をスカッとさせてくれました。

残すところ2話となりました。

いよいよハッピーエンドが見えてきたような気がしますが、皆様はいかがでしょうか。

 

『私はチャンボリ』第72話ネタバレまとめ

今回は、韓国ドラマ『私はチャンボリ』第72話ネタバレをしてきました。

いかがだったでしょうか。

 

本作は、笑いありドロドロ展開満載で、ミンジョンがこれでもか!?と言う程嘘と悪事で盛り上げてくれます。

それもそろそろ終焉でしょうか。

 

それにしても、イ・ユリ氏は『福寿草』や『凍える華』など、ドロドロ作品には外せない女優さんとなりましたね。笑

第71話はこちら <<◾︎>> 第73話はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です