ここに来て抱きしめて最終回結末を完全ネタバレ!12年の苦しみから解放される?

ここに来て抱きしめて結末

ここに来て抱きしめて(韓国ドラマ)の最終回結末をネタバレしていきます。

 

サイコパスを父に持つ警察官のドジン。

そしてサイコパスのヒジェに両親を殺害された被害者の娘ジェイ。

出会ってはいけない2人が再開し、お互いの痛みと傷を慰め支え合うラブロマンス、そしてスリラー。

ラブをサスペンスの往来は視聴者にひと時の休息も許さず、一度見始めると最後まで止まらなくなります。

 

果たして運命の2人の結末は?

結末が気になって仕方がない方いますよね。

そこで、ここに来て抱きしめて(韓国ドラマ)最終回のネタバレをしていきます。

ここに来て抱きしめて(韓国ドラマ)の最終回結末ネタバレ

加害者の息子と被害者の娘の12年に及ぶ愛。

ハッピーエンドを期待しながら、その結末を早速見ていきましょう!

ヒジェの逮捕

ヒジェはジェイが通報したおかげで現場に駆け付けた警官に逮捕される。

それでもまだ尚、ヒジェはカン刑事を人質に取り逃亡をはかろうとする。

父親ヒジェに銃口を向けるドジン

しかし、ドジンは警察官としての立場を守り抜いた。

ドジンは逃亡するヒジェの脚を銃で撃ち、カン刑事は救出される。

それぞれの想いが解放された瞬間

ヒジェの元妻オクヒは、12年間抱えていたヒジェからの恐怖と自責の念から解放された。

カン刑事も抱いていたドジンに対する偏見を捨てることができた。

ハン記者は、ドジンとジェイの真実を愛を記事にした。

ジェイもトラウマを克服し女優として新作に挑んでいた。

ジェイの兄ムォンに助け出されたピョ代表は、ジェイのマネージャーとして彼女に寄り添っていた。

検事ムォンもドジンと妹の恋愛を温かく見守っていた。

ドジンは無事に警部任命式を迎える。

裁判

ヒョンムの裁判。

担当検事はムォンだった。

傍聴席の母オクヒと妹ソジンが被害者家族に謝罪をする様子を見たヒョンムは、自信の犯行を悔い反省している。

検察官ムウォンは、特殊暴行および強盗など4件の犯行に対し善処を求めた。

 

移送車に乗り込むヒジェには卵が投げつけられる。

そんなヒジェの前には、前妻のオクヒ、ソジン、ドジンの寄り添う姿があった。

全ての終わりと新たな始まり

全てが終わり、ジェイはドジンの前で初めて母親を失った寂しさから涙を流す。

回想….。

ドジンは少年の自分を抱きしめ、ジェイも少女時代の自分を抱きしめる。

ナム(ドジン)とナグォン(ジェイ)は見つめ合う。

2人はそれぞれ『止まっていた木が成長を始め、そこは楽園になっていた』と感じ合った

 

ヒジェが逮捕され、そっと寄り添う家族たちを見た時、彼は何を持ったのでしょう。

親の因縁で苦しんできたドジンとジェイがようやくその苦しみから解き放たれ、綺麗なハッピーエンドとなりました。

最後まで愛を守り抜いた2人の結末にはほっとしましたね。

ここに来て抱きしめて(韓国ドラマ)の最終回結末まとめ

ここに来て抱きしめて(韓国ドラマ)最終回結末のネタバレをしてきました。

いかがだったでしょうか。

 

ヒジェの息子であるドジンはどれほど苦しみ抜いてきた事か…。

彼は幸せになる権利がありそれを願いながら見守ってきた視聴者は救われましたね。

ロマンスとスリラーの往来で最後まで楽しませ感動を与えてくれる作品でした。

まだ視聴されていない方は、ぜひ一度ご覧になって下さい。♪

おすすめの傑作です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です