ここに来て抱きしめての視聴者の評価・感想は?衝撃の脚本!

ここに来て抱きしめて評価 感想

ここに来て抱きしめて(韓国ドラマ)の評価・感想を見て行きましょう。

 

本作は、連続殺人犯の息子と被害者の娘、出会ってはいけない2人の運命的な再会と切ない愛を描くロマンスリラーです。

主演は、『ゴー・バック夫婦』で一躍ブレイクのチャン・ギヨン初主演作!

対するヒロインは、『麗~花萌ゆる8人の皇子たち~』のチン・ギジュ。

そして連続殺人犯には演技派俳優ホ・ジュノが圧巻の演技力でサイコパス役を熱演しています。

 

出会ってはいけな2人の若い男女がついにその境界を壊し、正々堂々と己の道を歩いていく成長を綴った物語はハラハラドキドキの連続!

本作が気になっている方のため、ここに来て抱きしめて(韓国ドラマ)の評価・感想をお届けします。

ここに来て抱きしめて(韓国ドラマ)全話の評価・感想

一足先に視聴した方からの評判はどうなのでしょう。

恋愛・サスペンス要素がバランスよく盛り込まれ好評のようですが、その具体的な感想を第1話から順にお届けします。

ここに来て抱きしめて 第1話評価・感想

第1話ではドジンが警察大学に面接を受ける場面が描かれ、過去に自分が目撃した父親の殺人事件を面接試験で告白しました。

はっきりと加害者の家族と…。

いきなり面白くなりそうで、予想外の展開に視聴者は…

チャン・ギヨンやナム・ダルムが早速かっこいいなんてコメントもありますね。

そして、ヒロインのチン・ギジュもとってもキュートです♪

ここに来て抱きしめて 第2話評価・感想

第2話とまだまだ序盤なのに、衝撃的な内容が展開されています。

『怖すぎる』とのコメントが象徴的ですよね。

辛いけど強く生きている主人公、親のために自分の人生を犠牲にせず逞しく生きてほしいです。

ヒジェのナムへの愛し方は間違っていますよね。

こんな事を言われたら、恐ろしくて何もヒジェに話せないし一緒に暮らせません。

ここに来て抱きしめて 第3話評価・感想

第3話ではナムの父親ヒジェの再婚相手とその息子がヒジェの元を去る場面がありました。

その理由は、『自分の連れ子を殺人者の子供にしたくないから』と衝撃の理由。

ナムは見逃してあげましたが、これが普通の人間の心情でしょう。

初恋×家族愛×サイコパス。

前話では、怖さにドキドキ絶叫の展開。

そして、第3話では切なくて早くも涙の展開です。

ナムは辛いけど強く生きている姿がかわいそうでかわいそうで…。

キャストに対する感情移入も多く見られました。

最後まで気持ちがついていくだろうか…と言うほど感情が揺さぶられる作品ですね。

ここに来て抱きしめて 第4話評価・感想

連続殺人を犯したユン・ヒジェは、その内容を記したという自叙伝を発売しようとしています。

何か企みはあるようですが…。

第1話からここまでで既に涙ながらに見ている方もいるようです。

一度見てしまうと、罪のない少年と少女の悲運に引き込まれていきますね。

酒鬼薔薇聖斗こと「元少年A」の手記『絶歌』出版は話題となりましたが、遺族の気持ちを思うとやるせないでしょうね。

ここに来て抱きしめて 第5話評価・感想

第5話では警察大学の卒業式を迎えたドジン。

父ヒジェに殺された被害者の遺族たちに乱入され卒業式を台無しにされてしまいました。

父親の犯罪のせいで青年の人生をつぶすのも犯罪では?と思うのです。

ナムは少年だった頃から普通なら精神疾患になるほどの経験をしているのに、一人で背負い戦う姿が逞しいと言うか不憫と言うか複雑です。

展開は時に残酷で・・・怖いです。

ここに来て抱きしめて 第6話評価・感想

第6話では、キャストの演技に圧倒される視聴者が多かったようです。

特に主演のチャン・ギヨンの表情演技はものすごく彼の心境を表していますよね。

切ない瞳に彼の悲運が込められていました。

第6話では、殺人者である父親ヒジェへの世間の目を自分がかぶり、処罰を受けるべきだとする勇敢で正義感みなぎる姿が描かれました。

ナムは父親が殺人者と言うだけでも十分辛い人生なのに、ここに来て腹違いの兄までもがどうしようもないですよね。

ここに来て抱きしめて 第7話評価・感想

回が進むにつれ、チョン・ギヨンへの評価が高まっていきます。

第7話では出所したヒョンムがクッパ店に現れますが、父親に兄に…。

ドジンの境遇があまりにもかわいそうです。

  • 『今更なぜ?』と思う方
  • 『結局は自分の子供たのためでしょ?』と思う方
  • 『小さいナムを置き去りにしたことを本当に申し訳なく思って彼女もまた苦しんできたのね』と思う方

色々感じ方があるでしょうね。

ここに来て抱きしめて 第8話評価・感想

『怖い』と思いながらも…。

皆さん続きが気になっていますね。

ジェイは本当にドジンを愛していて、彼女の言葉を聞くと涙が止まらない。

本人たちは何も罪を犯していないのに、どうして家族のことで苦しまなければならないのか。

かわいそうで不憫で…。

作品への評価は総じて良いようです。

ここに来て抱きしめて 第9話評価・感想

かなり衝撃のシーンがありました。

ヒョンムとドジンがもつれ合い、ヒョンムの持つナイフがドジンの腹を突き刺してしまうと言う…。

ドジンは一命を取り留めるのですが、どこまで彼にこんなにも過酷な人生が続くのでしょう。

心を締め付けられるほど可哀そうでなりません。

ドラマの前半が終了しましたが、ここから益々サスペンスとラブロマンスが深く濃くなっていきそうですね。

ここに来て抱きしめて 第10話評価・感想

第10話では禁断の恋と自分を律してきたドジンも『1日だけ12年前のように過ごそう』とジェイを訪ねる場面がありました。

まるでロミオとジュリエットのようでした。

ドジンの兄ヒョンム役のキム・ヒョンナムもいい演技をしていますね。

『怖い』と思いながら、既にドラマの中盤まで駆け足で視聴した方も多いようです。

後半戦に突入し、思った以上のヒジェの精神崩壊状態とパク記者の腹黒差がエスカレートしゾクゾク鳥肌のたつ展開になっています。

ここに来て抱きしめて 第11話評価・感想

第11話は皆が待ち望んだ場面がありました。

ドジンとジェイはようやく本当の気持ちを打ち明けることが出来ました。

しかし、ほっとしたのも束の間でその後、殺人事件が発生してしまいました。

パク記者も殺害されてしまい、益々苦しみから逃れられないドジンたち。

この2人は幸せになれないのでしょうか。

バッドエンドは見たくない。

ドジンは警察に復帰したので、もう何にも惑わされずに正義と愛を貫いてほしいです。

ラストに向けてどんな展開になるのかとても気になります!

ここに来て抱きしめて 第12話評価・感想

第12話もスリリングな展開でした。

護送中の車両が事故に遭い、ユン・ヒジェが逃走。

作中では世間を震撼させるニュースとなっていましたが、視聴者もすっかり作中へと引き込まれそんな気分ですよね。

ヒジェが外に出てしまっては、何が起るか恐怖心でいっぱい。

もしかしたら今後は目を覆いたくなるシーンも登場するかもしれません。

ここに来て抱きしめて 第13話評価・感想

第13話では、ユン・ヒジェはついに自叙伝の完成を間近に本格的に動き始めました。

サスペンス映画顔負けの身震いするほどの内容です。

既にドラマは佳境に入り残すところ3話です。

ここからどのように最終回へと終息していくのか、先が気になって仕方がありませんね。

ここに来て抱きしめて 第14話評価・感想

ついにユン・ヒジェはオクヒのところにまで行ってしまいました。

ヒョンムは必死に説得をして助かるのかと思ったのですが、ヒジェには通じずどうなるのか緊張で手に汗握る展開でしたね。

残虐でいまわしい事件が続きヒジェはもちろんですが、手助けする人は何なの!?

悲しみを超えて、今度は周囲の人間に対する怒りの感情も出てきます。

残り2話も一気に見てしまいたい内容です。

ここに来て抱きしめて 第15話評価・感想

ユン・ヒジェが捕まりません。

ジェイはジェヒに襲われてしまいました。

きっとドジンを呼び出されるのでしょうが…。

人の心がないサイコパスにはドジンの説得が通用するのでしょうか。

次回ではとうとう最終回ですが、ナグォンは2人を連れ帰るのでしょうか。

家族のトラブルにドジンはどんな決断を下すのか見逃せません。

最終回は絶対に見逃せません!

ここに来て抱きしめて 第16話(最終回)評価・感想

希代のサイコパスを父に持つ警察官と被害者の娘のロマンス。

とにかくドジンとジェイを応援したくなる内容でした。

二人は無事にハッピーエンド!

すっきりするハズなのですが、どこか余韻も残すそんな感想を持った方が多いでしょうか。

お互いの痛みと傷を抱いていく感性ロマンスなので、視聴者によって好き・嫌いや評価も様々だろうと思っていましたが、ご覧のようにスリリングすぎる内容で視聴者はドラマに引き込まれ、脚本もキャストの演技にも高評価でした。

サスペンスが苦手な方は目を覆いたくなるかもしれませんが….サスペンスが苦手でない方にはおすすめの傑作です。

ナムダルムから チャンギヨンが必死に人生を歩む姿が切なくなり、一方で、サイコパス的な胸が熱くなるような悪党たちにハラハラドキドキさせられる作品です。

ここに来て抱きしめて(韓国ドラマ)全話の評価・感想まとめ

ここに来て抱きしめて(韓国ドラマ)全話の評価・感想をお届けしてきました。

いかがだったでしょうか。

 

2019年にブレイクしたチャン・ギヨン主演作!

その作品は、殺人犯の父の罪を償うために警察官になった青年ドジン役。

そして初恋の相手は、両親を殺された過去を持ちながら、明るく気丈に生きる女性ジェイ。

壮絶な過去を持つ2人のロマンスは涙無くしては見られません。

 

これから見ようか視聴を検討中の方は、迷う必要はありませんよ。

サスペンス、ロマンス、そしてサクセスストーリーがバランスよくおりこまれた傑作です。

まだ視聴されていない方は、是非一度ご覧になって下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です