カノジョは嘘を愛しすぎてる韓国のネタバレ全話まとめ!日本人気漫画原作のリメイク

カノジョは嘘を愛しすぎてる 韓国 ネタバレ

韓国ドラマ『カノジョは嘘を愛しすぎてる』全話ネタバレをしていきます。

 

日本の人気漫画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のリメイク版として話題を呼んでいる本作。

最近では韓国の原作ドラマが日本でリメイクされたりと、日韓相互で人気ドラマの往来が盛んですよね。

 

正体を隠し活動する天才作曲家カン・ハンギョルと、歌うことが大好きな純粋少女ユン・ソリムが繰り広げる青春ラブストーリーが展開されています。

それでは、韓国ドラマ『カノジョは嘘を愛しすぎてる』全話ネタバレをしていきます。

 

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』全話ネタバレまとめ一挙公開!

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』は、ハンギョルとソリムの清涼なケミ、音楽活動をする若者たちの情熱や葛藤、などが見事に調和し、視聴者に感動、トキメキや慰めを与えてくれますよ。

 

それでは、その内容ネタバレあらすじを最終回まで見ていきましょう。

 

ネタバレ第1話『ソリムとの出会い』

大人気バンドCRUDE PLAYのプロデューサー『K』ことカン・ハンギョルにとって、例え些細な音やそれが騒音だとしても、インスピレーションを与えるものとなる。

 

漢江で思いにふけるうちに曲がひらめいたハンギョル。

メロディーを携帯に録音しようとするがうまくいかず、偶然通りがかったソリムの携帯を借りて録音する。

 

その後、ソリムはハンギョルのことが頭から離れなかった。

新曲が7割以上完成している段階で『曲を変更する』と突如言い出すハンギョル。

周囲は『今更時間がない』と猛反対。

 

ソウル青少年バンドコンテスト当日。

ソムリは幼い頃の事故がトラウマとなり思うように歌えず、それ以降舞台恐怖症になってしまう。

その会場でハンギョルを見かけたソリムは、携帯に録音されたハンギョルの音楽を歌い、ハンギョルを振り向かせる。

 

ネタバレ第2話『再開』

コンテスト会場で偶然再会したハンギョルとソリム。

借りたソリムの携帯にCRUDE PLAYの未発表曲が残っていることを知ったハンギョル。

 

どうにかその音楽ファイルを消そうとして、自分の正体を隠してソリムに近づく

ハンギョルの連絡先をゲット出来て上機嫌のソリム。

ハンギョルはソリムから頻繁にくる連絡に困惑する。

 

ハンギョルはかつて父親の曲の版権を略奪されたヒョンギョン社長から『自分のところのミュージシャンの曲を編曲してみないか?』と誘われるも、父親の事件があり反発する。

 

実はその日、ハンギョルはソリムと待ち合わせをしていたが、すっかり忘れていた。

純粋無垢なソリムが恋にまっしぐらになっている事を心配したバンドメンバーは、こっそりソリムの携帯を見る。

 

ネタバレ第3話『ソリムの歌声』

ソリムが歌った自分の曲を聴き、その声にほれたハンギョル。

レコーディングにも集中できず、ソリムの高校を突き止めて彼女に会いに行く。

 

急な夕立で2人は電話ボックスの中で抱き合う。

これを機に2人の距離は縮まり、ハンギョルはソリムに心を開き始める。

 

ハンギョルのことでは胸躍るソリムでしたが、学校では『クラス内の雰囲気を乱している』という理由で授業への出席を禁じられてしまう。

 

その頃、SOLEミュージックは新人探しに乗り出す。

 

ソリムたちバンドメンバーの歌を聞いたジンヒョクは『君1人だけと契約がしたい』とビジネスを持ちかけるも、ソリムは『3人一緒でないと契約はしない』と返す。

ジンヒョクはハンギョルに新人プロデゥースを依頼する。

ハンギョルはその新人がまさかソリムだとは知らなかった。

 

ネタバレ第4話『チェ代表の狙いは?』

SOLEミュージックのオーディションを受け、練習生となったソリムたち。

ハンギョルはソリムだとは知らなかったのでジンヒョクからの依頼を断る

 

ソリムのバンドをプロデュースしたいチャンヨンは、チェ代表に頼み込みソリムにもアピールを始める。

しかし、チェ代表がプロデュースさせたいのは、チャンヨンではなくハンギョルだった。

 

相変わらず素性を伏せてソリムと会うハンギョル。

ついにソリムから『好きだ』と言われる。

 

ある時、ハンギョルはソリムのバンドメンバーと事務所で遭遇し『ハンギョル=K』だとばれる。

ハンギョルもまた、自分が断った新人がソリムだと気付く

 

ネタバレ第5話『ソリムのデビュー』

チャンヨンのプロデュースでデビューが決まったソリム

それを知ったハンギョルは複雑な気持ちになる。

そして、ソリムからSOLをの契約の経緯を聞く。

 

ハンギョルはソリムがそれを言わなかったことを追求すると、ソリムは『歌う女が嫌いだ』と知ったので嫌われたくなかったから』と。

チャンヨンとソリムを応援することを決意する。

 

ソリムと食事をするハンギョル。

チャンヨンはまだ『ハンギョルがK』だとは言い出せない。

ソリムから『Kはどんな人?』と聞かれると、『傍にいてはいけないような人』と答える。

 

チャンヨンはソリムとのデビューを決めた一方で、内心ハンギョルにソリムのバンドのプロデューサーとしての地位を奪われることを恐れていた。

チャンヨンは、デビュー曲の完成を急ぎチェ代表とも衝突していく。

 

ネタバレ第6話『ハンギョルの正体』

憧れだった『K』に会え、本当なら嬉しいはずなのですが…

ハンギョルの正体を知ったソリムは、騙されていたことにショックを受け本人の前で涙を流す。

 

チャンヨンはソリムに何とか立ち直ってもらわないと困るので必死で慰める。

ハンギョルを信じようと決めるソリム。

 

そんなソリムに追い打ちをかけるように、2人が出会うきっかけになった曲はユナのための曲だったという事実を知り、動揺するソリム。

 

ユナに嫉妬心を抱いたソリム。

ユナもソリムの気持ちを察する。

 

そんなソリムの事を知ったハンギョルは必死で彼女のご機嫌取りをするも、ソリムは断固としてハンギョルを避ける。

収まりかけていたた舞台恐怖症も再発してしまう。

 

ネタバレ第7話『オーディションを何とかクリアしたソリム』

急遽ハンギョルが編曲した曲でオーディション番組をやり過ごすソリム。

ジンヒョクがプラグを外して音が出なくなってしまったところを、ソリムがアカペラで歌ったのだった。

チャンヨンが演奏に加わったこともあり、ソリムたちのバンドは注目を浴びることに。

 

ソリムのご機嫌もすっかり直り、ソリムとハンギョルはデートを楽しむ

 

ユ社長はソリムを引き抜こうとチェ代表に掛け合う。

しかし、チェ代表からは断られ、チェ代表はソリムのデビューを急がせる。

 

ソリムたちが日に日に大きな話題を呼ぶことで、ジンヒョクとヒョンギョン社長の対立は深まる。

ハンギョルはソリムを心配する。

 

自分でデビュー曲を手掛けようかと助け船を出したつもりが、『今後3年はチャンヨンと組んでいくから』と断るソリム

すっかり気落ちしてしまったハンギョル。

 

ネタバレ第8話『ユ社長とチェ代表の対立』

CRUDE PLAYの代理演奏スキャンダルをもみ消したユ社長。

ユ社長は、対立し始めたチェ代表にここで恩を売り、自分が優位になるようにと画策する。

ユ社長の意向でユナがモデルを務めていたCMの契約がソリムに渡る。

 

ハンギョルとソリムの関係に気付き始めたユナは、ソリムに敵対心を抱くようになる。

プライドを捨てて『自分に曲をくれ』と頼みに行くユナ。

 

ある日、CRUDE PLAYが代理演奏していたと知るハンギョルは怒ってメンバーを責めるも、反発される。

チャンヨンはハンギョルがソリムのために書いた曲を聴く。

 

ハンギョルはチャンヨンに『ソリムと音楽も人生も共にしたい』と言うと、チャンヨンは『あなたには誰も幸せには出来ない』と返す。

そして、ジンヒョクはソリムのデビュー曲からハンギョルの曲を外してしまう。

 

一方のハンギョルは、ユナのたまにハンギョルが曲を書いたと勘違いし、再び2人の間にはわだかまりが出来始める。

落ち込むソリムを抱きしめるチャンヨン

 

ネタバレ第9話『二人で会うことを禁じられたソリムとハンギョル』

当初、ハンギョルへのライバル心からソリムと関わっていたチャンヨンも、徐々に本気になっていく。

 

そんな中、ソリムのデビューに向かい本格的に準備を始めたMUSH&Co。

CMの撮影も兼ねてセジン高校でサプライズライブを行うことになった。

ところが、どこからか事前に情報が漏れてしまう。

 

ハンギョルの曲でユナも新曲を出すことになる。

ユナはハンギョルの気を惹こうと彼の前ではソルに親切にして、裏では2人を引き裂こうと働いている、

 

チェ代表はソリムとハンギョルの関係を快く思っておらず、2人で会うことの禁止令を出す。

ソリムはハンギョルに自分は諦めきれないと気持ちを伝えるも、『今後も君を傷つけてしまいそうだから』と、一線を引かれてしまう。

 

ネタバレ第10話『順調な交際』

何度もすれ違いはあったが、結局愛し合っている2人。

チェ代表に反対されながらも、ソリムとハンギョルの交際は続いている

ショーケースも無事に終わり充実した毎日を送っている。

 

デビュー後も順調に音楽生活を送っているように見えたが、チャートの順位は振るわないソリム

チャートの順位が不調なことを受け、プロデューサーのチャンヨンは責任を感じる。

 

一方、ハンギョルのプロデュースで新曲を出したユナは、初登場で首位を獲得する。

意地悪なユナはソリムとチャンヨンを馬鹿にする。

 

ある時、チャンヨンはハンギョルとソリムが自転車を2人乗りしているのを見かける。

2人は恋人オーラを醸し出していて、ショックを受ける。

 

ネタバレ第11話『熱愛疑惑浮上』

合宿の朝、ハンギョルとソリムは初めてキスをする。

周囲には『散歩』と言って出たが、どうも怪しまれている2人。

 

チャンヨンにハンギョルとの関係を聞かれたソリムは、仕方なく交際を認めることに。

チャンヨンはショックを受ける。

それでも、MUSH&COだけは自分のものであることをソリムに約束させる。

 

しかし、2人で話している姿を記者に隠し撮りされ、ソリムとチャンヨンの間に熱愛疑惑が浮上

セギョンはさらにソリムとハンギョルの写真までアップし、ソリムが二股をしていると叩かれる。

炎上したので犯人探しが始まり、セギョンの仕業を判明する。

 

そんな中、ソリムの祖母が入院したと知らせが入りソリムとチャンヨンが駆けつける。

チャンヨンが席を外した間にハンギョルも病院に到着し、泣くソリムを抱きしめる。

チャンヨンはそれを見てしまった。

 

そんなチャンヨンにハンギョルは『お前が心配なのは、歌手ソリム?それともユン・ソリム?』と聞く。

 

ネタバレ第12話『チェ代表とユ社長の対立』

無事にソリムの祖母も退院をする。

歌番組の特別放送に出演するため練習を重ねるMUSH&CO。

そんな中、ソリムとハンギョルはユ社長に呼び出される。

 

ユ社長のはハンギョルのプロデュースでソリムにユニットを組ませることを提案する。

ハンギョルはその事実をチェ代表に報告すると、怒ったチェ代表はユ社長の元へ抗議へ向かう。

 

いよいよ出番が迫る中、スタッフが慌ててメンバーを探す。

急遽ハンギョルが『K』の素顔を明かして登場することになる。

本番中に携帯でソリムを呼び出したチャンヨンは、『君だけでも僕を選んでほしい』と抱きしめる。

 

ネタバレ第13話『チャンヨンのストライキ』

テレビの本番をボイコットして『一緒にどこかへ行こう』と言うチャンヨン。

ソリムは『この前はチャンヨンの好きな所に行ったから、次は私の番ね』と出かける。

ソリムはギュソンに『チャンヨンと出かけてくる』とメールを送る。

 

本番後、ハンギョルはソリムが心配で居場所を尋ねるメールを送る。

ハンギョルは思い当たる場所があった。

そこは、ソリムの祖母の八百屋だった。

チャンヨンと一緒に祖母の料理を食べているソリムを追いかけて来たハンギョル。

 

結局、事務所は健康上の理由からチャンヨンの休業を発表。

ファンは寂しさと嫉妬からその矛先をソリムに向ける。

 

ネタバレ第14話『SOLEミュージック統合』

車で事故を起こしたインホは左手を骨折し、ドラムが叩けない緊急事態に。

その影響で、予定されていた記者会見での演奏は中止になる。

 

度重なるスキャンダルに業を煮やしたユ社長

ここぞとばかりにチェ代表の管理能力を非難する。

そして、それを口実にいよいよSOLEミュージック統合に向けて動きだす

 

ネタバレ第15話『吸収合併』

SOLEミュージックがフーエンターテインメントに吸収合併されることが決まる。

そして、チェ代表は業務から手を引くこととなる。

経営権を握ったユ社長

 

ユ社長はCRUDE PLAYのメンバーを呼び出し、代理演奏疑惑を釈明する会見を開くよう指示する。

しかし、ハンギョルはこれに強く反対する。

ハンギョルはチャンヨンに今後を考えるようにと言う。

 

チャンヨンは結局MUSH&Co.のプロデューサーを続けることにしてジンヒョクへ報告する。

メンバーに『これからは何よりも君たちを第一に優先する』と言い、大喜びされる。

 

CRUDE PLAYは代理演奏を認める会見を開き、当面の活動を自粛すると発表。

勝手な事を言ったとヒョンギョンはジンヒョクにクビを宣告。

 

ネタバレ第16話(最終回)『代理演奏を認めたCRUDE PLAY』

記者会見で代理演奏を認めたCRUDE PLAY。

ユ社長は損害賠償を請求し、二度とCRUDE PLAYの名前が使えないようにすると脅しにかかる。

ジンヒョクはこうやって争いをしているうちに親会社への移籍を勧める。

 

ここまで状況が悪化すると考えもしていなかったハンギョルは、何とかグループを救おうとして、ユ社長に直接取引を持ちかける。

ハンギョルは自身だけの方法でCRUDE PLAYを守ることに成功する。

Mush&Coはチェ・ジニョクと共に最初からやり直すことにした。

 

1年後。

Mush&Coはジニョクの新しい会社で、ソ・チャニョンの曲でカムバックの準備を進めていた。

 

CRUDE PLAYはハンギョルまで合流し、ツーベースでの完全体となった。

ヒョンギョンの元で売れっ子に返り咲いたユナは、ジンヒョクと恋人同士に。

ハンギョルとソリムの関係も良好だった。

 

CRUDE PLAYのミニコンサートでは、ハンギョルもベースを弾いていた。

そして、シヒョンが歌ったのは、ハンギョルとソリムの出会いの曲だった。

 

と、『カノぎてるジョは嘘を愛しすぎてる』全16話のネタバレをしてきました。

本作は、耳を楽しませてくれるドラマだったと言えるかもしれません。

 

他にも、恋愛スキルがレベルアップしているハンギョルと、女性の香りが漂うソリムの甘い恋愛が視聴者をときめかせてもくれ、また、最後もハッピーエンドでとても気持ちよく視聴できる作品です。

 

『カノぎてるジョは嘘を愛しすぎてる』全話ネタバレまとめ

この記事では、韓国ドラマ『カノジョは嘘を愛しすぎてる』全話ネタバレをしてきました。

 

いかがだったでしょうか。

このネタバレ記事を読んで益々作品が気になった方は多いのでは?

 

日本の漫画が韓国版にリメイクされたものです。

漫画ファンの方にも訴えかけるものも多く素敵なドラマになっていますので、是非一度ご覧になって下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です