当サイトおすすめ韓国恋愛ドラマ10選

【新型コロナ】韓国の芸能界でコロナ対策のための寄付が続く!寄付するのはアイドルだけじゃない

コロナ寄付アイキャッチ

現在、新型コロナウイルスが世界的な問題となっています。
AFP(フランス通信社)によると、世界の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死者数は、12万3920人に増加したらしいです。
そんな中、韓国の芸能界では新型コロナウイルス感染症対策のための寄付活動が盛んです。

韓国の芸能人が寄付リレー!新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を克服?

新型コロナウイルス感染症により、韓国では世界的にも膨大な数の検査を行いました。

大邱をはじめ感染者の数も多く、普段はなかなかマスクをする習慣がない韓国人もみんなマスクをし、外出を控え、うがいや手洗いを徹底しました。

そんな中、韓国の有名人が次々と「新型コロナウイルス感染症による被害を少しでも補償できるように」と、寄付をしています。

俳優のイ・ミンホやジュノ(2PM)、レッドベルベット(RedVelvet)、TWICE、EXO、カン・ダニエル、防弾少年団(BTS)のSUGAなどなど…

多くのK-POPアイドルやスターが新型コロナウイルス感染症の克服のために、様々なかたちで寄付しています。
次々に寄付をするので、SNSのハッシュタグなどで「寄付リレー」とも言われています。
(もちろん、強制ではない様子)

日本では、K-POPアイドルや韓流スターの寄付が報道されたりしますが、寄付をするのは、アイドルや韓流スターだけではありません。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)克服のために音源収益の全額寄付した韓国歌手とは?

韓国で話題になったトロット歌手キム・ホジュンさんの音源収益の全額寄付についてご存知ですか?

キム・ホジュンさんは、韓国で注目されているトロット歌手です。

韓国の「トロット歌手」とは?

トロットは、韓国語で書くと「트로트」で、韓国の音楽のジャンルのひとつです。
日本の演歌から派生したものだそうです。
日本では「トロット」といっても伝わらないので、韓国演歌とも呼ばれます。
トロット歌手とは、その韓国演歌専門の歌手のことです。
代表的な韓国のトロット歌手には、チャン・ユンジョン(장윤정)やパク・ヒョンビン(박현빈)などがいます。
様々なTV番組で引っ張りだこのホン・ジニョン(홍진영)も若手のトロット歌手です!

キム・ホジュンさんは、TV朝鮮の人気番組「リクエスト曲を歌います 愛のコールセンター」の4月16日(木)、第3回目の放送で、最高1分視聴率を勝ち取り、話題になりました。

TV朝鮮は、韓国の放送局のひとつで、主にケーブルTV向けに放送を行う、総合編成チャンネルです。

韓国ではTV朝鮮のバラエティー番組を視聴する人がとても多いのですが、キム・ホジュンさんはさんはTV朝鮮放送している「ミスタートロット」という番組にも出演しています。

「ミスタートロット」は、様々な歌手が懐かしい曲を披露してくれる、歌うま参加者が勢揃いの人気番組です。

「ミスタートロット」コーナーのTOP7は、視聴者から歌ってほしい曲をリクエストしてもらい、その場で歌を歌ってくれる番組です。

キム・ホジュンさんはこの日、恋人と別れたファンを慰め、ク・チャンモの「ヒナリ(희나리)」を熱唱しました。

ですが、この番組、生のバンドや、本格的な演奏はなく、カラオケ機器で歌うのです。
キム・ホジュンさんは、なんとカラオケ機器に出てきた点数では一番低い点数だったのですが、視聴率は19.5%(TNMS、有料登録)を得て、TOP7の最高点数を受けました。

先週の4月9日(水)第2回の放送では、5月に生まれる予定だった赤ちゃんが天国へと旅立ってしまい、辛い思いをした人からのリクエストでした。

キム・ホジュンさんに、チャン・ユンジョンの「初婚」を歌ってほしいというリクエスト。

キム・ホジュンさんは、ステージ上でチャン・ユンジョンの「初婚」を一度も歌ったことがなかったにもかかわらず、他の曲を歌わず、リクエスト通り「初婚」を熱唱して、視聴率20.4%(TNMS、有料登録)を記録しました。

そんなTV朝鮮の人気番組「ミスタートロット」で4位を獲ったトロット歌手として、現在韓国で人気上昇中のキム・ホジュンさん。

今回リリースする新曲の音源収益を、新型コロナウイルス感染症の克服のために全額寄付するらしいんです。

キム・ホジュンさんの所属事務所である「考えを示すエンターテイメント(생각을 보여주는 엔터테인먼트)」社(本当にこの名前です笑)によると、キム・ホジュンさんが今月末に公開する新曲の音源収益を、新型コロナウイルス感染症の克服のための活動に、全額寄付すると決めたことが4月16日(水)に明らかになりました。

すでに、キム・ホジュンさんのファンカフェ(公式ファンクラブのようなファンの集まり)が、新型コロナウイルス感染症対策に役立つためにと、2億ウォン(約1,770万円)を寄付したそうで、キム・ホジュンさんも「ファンに答えなくっちゃ」という思いで、寄付することを決定したらしいです。

そんなキム・ホジュンさんは、「ミスター・トロット」出演を皮切りに、最近公開したリメイク曲「ノナ ナナ(너나 나나)」で音源チャート上位圏に入り、韓国のストリーミングサービス「ソリバダ」や「カカオミュージック」では、なんと1位を記録しました。

ファンも徐々に増えているらしく、第2のパク・ヒョンビン(「シャバンシャバン」、「オッパだけ信じて」は名曲)になりそうですね!

キム・ホジュンさんは、今回の新曲を通して新型コロナウイルス感染症により心身ともに疲れた人々のために慰めのメッセージを伝える予定だといいます。

余談ですが、現在、キム・ホジュンさんの新曲は、「気付いたら昏睡状態(알고 보니 혼수상태)」という芸名の作曲家(本当にこの名前ですw)が手掛けています。

キム・ホジュンさんが所属している事務所の名前も「考えを示すエンターテイメント」って、すごく変わっているし、作曲家の名前も、「気付いたら昏睡状態」なんて、一瞬目を疑いました(笑)

なお、トロットジャンルではなく、他のジャンルを新たに披露しています。

キム・ホジュンさんの曲が気になる方はぜひ検索してみてください!

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、世界的に経済活動が減速していますが、早く世界が安定を取り戻すことを願いながら、外出は控えて、好きな音楽を聴きながらゆっくりしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です