太陽の末裔ネタバレ11話!愛の言葉は無線機で…連れ去られたモヨン!

太陽の末裔 ネタバレ 11話

『太陽の末裔』第11話のネタバレをお届けします。

 

『太陽の末裔』は、戦争と疾病に汚された極限の環境の中で愛と成功を夢見る若者ユ・シジン(ソン・ジュンギ)、カン・モヨン(ソン・ヘギョ)、ソ・デヨン(チン・グ)、ユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)らのストーリーを描いていくヒューマンメロドラマです。

 

ドラマ『シークレット・ガーデン』、『相続者たち』のキム・ウンスク脚本家と『王の教室』のキム・ウォンソク脚本家が共同執筆を担当し、『秘密』、『ドリームハイ』のイ・ウンボクプロデューサーがメガホンを取ったまるで映画さながらのスリル満点、胸キュンあり、笑いありの傑作です。

 

2016年、韓国の放送では、驚異の視聴率41.6%を記録し、最も熱いシンドロームを巻き起こし韓国のみならずアジア全域から全世界へ社会現象化が拡大したので気になっている方は多いのではないでしょうか?

 

それでは!韓国ドラマ『太陽の末裔』第11話のネタバレをお届けしますので、お見逃しなく!

第10話はこちら <<◾︎>> 第12話はこちら

『太陽の末裔』第11話ネタバレあらすじ

第10話ではモヨンでミョンジュがチン所長の治療にあたるところで終了しましたが、どうやらその際致死率の高いM3ウイルスに感染したミョンジュ。

第11話は緊張感あふれる幕開けでストーリーは展開されていきそうです。

M3ウイルスに感染したミョンジュ

感染したモヨンとミョンジュ以外は、二次感染を防止するために手術室から離れます。

デヨンはミョンジュのそばにいようとしますが、別室に隔離されて検査結果を待つことに。

 

『二人が重篤な感染病にかかってしまったかもしれない… 』と気が気ではないシジンとデヨン。

 

近くの米軍の医療施設で検査が行われ、『患者と医師一人が陽性でした。M3型ウイルスに間違いありません』との検査結果に愕然とする二人。

 

結果を利きメディキューブまで戻ってきたシジンとデヨン。

デヨンは手術室にずかずかと入りミョンジュを抱きしめます。

この時ミョンジュはまだ結果を知りませんでしたが、デヨンの態度から察し『これは上官としても命令よ。』とデヨンへの感染を防ぐため、自分から離れます。

 

この時のミョンジュとデヨンの気持ちを考えると、もう胸が苦しくて仕方ありません。

視聴者からもこのような感想が。

メディキューブはウイルス治療の拠点施設に指定されました。

モヨンとシジンはそれぞれの任務に邁進するしかありません。

無線で愛を送りあう二人

気を利かせたシジンが『無線で話せばいい』と無線機を持ってきます。

さすがシジン!

もうなんて気が利くのでしょう!

 

ミョンジュはデヨンが体の具合を聞くと『会いたい』と繰り返し話します。

デヨンは涙を流し『会いたいです』と自身の気持ちを伝え、ミョンジュも涙を流します。

 

続けてデヨンは、『ミョンジュは天使だ。僕の人生に入ってきた瞬間から天使だった』と告白し、彼女を感動させてくれます。

『医師とウイルスとの戦いよ!』と医師として全力を尽くすモヨン。

 

そして彼女をサポートするように、シジンはじめ他の隊員たちも動きます。

シジンはモヨンに『血液ついでに、ちなみにあなたは何型?』と尋ねると、『私はあなたの奥方。つまり”花形”、あなたを惑わす”超大型”』と機転の利いた返しをします。

チン所長の容体

電力供給が不安定なウルク。

この日も停電になってしまいます。

モヨンは『チン所長の人工呼吸器』が電力停止になっているのではとふと気が付きかけつけると、モヨンよりも先に現場に到着していたチフンの姿が。

 

チフンは苦しみむあまりもがき苦しむチン所長に腕をかまれてしまいます….。

しかも、その時、チフンは防護服を着用していない状態だったのです。

一方、サンヒョンは行室で資料を読みあさり治療法を探しています。

現場に到着したモヨンはミョンジュと三人で処置をしたおかげでチフンは一命をとりとめることが出来ました。

 

『あなたも立派な医者ね』とチフンをほめるモヨン。

 

『医者らしかったわ』とミョンジュ。

 

これまで医師としての自分と葛藤し続けてきたチフンは、これでようやく胸のつかえがとれた様子。

 

様々な文献に目を通していたサンヒョンでしたが、どうやら自分は陰性であると確信します。

と、同時にサンヒョンは治療法を書いた紙を傍にいたジャエへ手渡します。

病状が悪化するミョンジュ

検査結果で陰性に思われたミョンジュでしたが、視力に異常が見られます。

モヨンが懸念していた結果に…。

 

抵抗力が強いと過剰反応をし、ミョンジュは41度の発熱をしてしまい、すぐに投薬しなければいけない状態に陥ってしまいます。

 

ダニエルが発注したワクチンと一緒に、ミョンジュへの薬も到着予定だったのですが、運送車両がアーガスによって襲撃されてしまいます。

アーガスたちの条件は『ダイヤモンドと交換』でした。

 

条件をのんだダニエルやシジンたちは、取引現場に向かいます。

 

『確かに受けとった』と言うアーガスの手下に、デヨンの怒りが爆発し殴り倒します。

 

何とか無事にワクチンを取り戻しミョンジュの元へ急ぎ、ミョンジュにワクチンが投与されました。

おかげでミョンジュの容態は落ち着きますが、モヨンたちの姿が見当たりません

シジンたちが不在の間に地元警察がメディキューブにやってきて『医薬品窃盗の罪』でファティマを連行しようとします。

 

そしてモヨンまでも…。

これはもちろんアーガスが警察に手をまわしていたのですね。

と、ここまでが『太陽の末裔』第11話の内容です。

 

ミョンジュとチン所長どちらかがどうにかなってしまうのかと思って見ていたのですが、二人とも救われました。

そして、今回の件ですっかり医師としての自信を取り戻せたチフンの姿にも感動しました。

 

視聴者からも絶賛の11回だったようで、視聴率31.9%の大台を突破しています!

毎回毎回試練が降りかかります。

ドラマ中盤なだけに、さらなる覚悟を持った視聴が必要になるのかもしれませんね。

太陽の末裔11話ネタバレあらすじまとめ

この記事では、韓国ドラマ『太陽の末裔』第11話のネタバレをお届けしてきました。

いかがだったでしょうか。

 

2016年4月5日、香港『Viu TV』のプロモーション記者懇談会に参加し、『太陽の末裔』の視聴のポイントを質問されソン・ジュンギは以下のように答えています。

『このドラマは様々なシーンやジャンルが混ざっている。アクション、地震、災難の状況があり、危機もあるが、それでも僕たちは恋愛ドラマであると思っている。ソン・ヘギョさんと僕、チン・グさんとキム・ジウォンさんなど様々なカップルが登場するが、ロマンチックなラブストーリーに集中してほしい』

まさに、彼の言うとおりのみどころ・注目ポイントが楽しくて仕方がありません。

 

今回お届けした『太陽の末裔』第11話では、またもやウイルスに感染したミョンジュたちはどうなるのかとひやひやしましたが、結果ハッピーエンドとなりほっと胸をなでおろすことが出来ましたね。

この作品は視聴者の心臓がバクバク、ドキドキ、そしてほっこりしたりと感情のジェットコースターです。

第10話はこちら <<◾︎>> 第12話はこちら

それでは、最後までお読み頂きありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です