太陽の末裔13話ネタバレ!お前とは終わりだ!デヨンとミョンジュが破局!

太陽の末裔 13話 ネタバレ

『太陽の末裔』第13話のネタバレをお届けします。

 

驚異の視聴率41.6%を突破し、最も熱いシンドロームを巻き起こした2016年最大の話題作『太陽の末裔』。

 

韓国のみなずアジア全域から全世界へ社会現象化が拡大したので、既に何度も視聴した方も多いと思います。

 

その人気の秘密は、ソン・ジュンギの兵役復帰第1作である他、ソン・ヘギョソン、チン・グ、キム・ジウォンと豪華共演でも注目されました。

 

のちに、ソン・ジュンギとソン・ヘギョンは実生活でも見事にゴールインをしましたよね。

 

2019年6月には離婚を発表してしまいましたが…。

 

本物のカップルだからこそ醸し出される甘い雰囲気、しぐさ、距離感が視聴者に伝わり、より視聴者をリアルな世界へと導いたのではないでしょうか。

 

チン・グとキム・ジウォンが互いに惹かれ合う軍人の下士官と女性将校を熱演し、こちらのサブでありながらメインかのようなストーリーもファンの心をわしづかみに!

 

他、“SHINee”のオンユ 地上波ドラマに初出演、『密会』ユ・アインほか超豪華カメオ俳優陣が登場でどこをとっても見どころしかない傑作なのです。

 

脚本は『相続者たち』、『シークレット・ガーデン』の大ヒットメーカーキム・ウンスクら。

総製作費130億ウォンを投入し、100%事前制作による完璧なクオリティーで映像化したドラマです。

それでは!韓国ドラマ『太陽の末裔』第13話のネタバレをお届けしますのでお見逃しなく!

第12話はこちら <<◾︎>> 第14話はこちら

太陽の末裔13話ネタバレあらすじ

第12話ではギャングのアーガスに拉致されたモヨンを、自分の命は二の次とばかりに救出する勇ましく愛情深いシジンの姿が描かれました。

 

アーガスは最終的にシジンによって射殺され、さみしい最後を迎えました。

ウルクを襲った巨大地震の救助活動もひと段落し、韓国へ帰国する医療チーム団員たち。

そんな場面で放送が終了しましたが、続く第13話では新たなる展開が期待できそうです。

帰国し日常へ

舞台はウルクから韓国へ。

韓国に帰国した医療チームはようやく日常に戻りました。

 

『初出勤みたいな新鮮な気分だわ』とモヨンたちは久々の勤務を堪能しています。

 

ヘソン病院は横断幕を掲げ、理事長は渋々モヨンを出迎えて花束を渡す歓迎ぶり。

教授への昇進をめぐり、ウルク派遣前にモヨンと理事長はひと悶着あったのです。

モヨンの帰国を心待ちにしていたピョ先生。

 

モヨンはピョ先生にウルクでの出来事を話しますが、余りにも想像を絶する世界で彼女には理解が出来ない様子。

 

ところが、ウルク派遣の原因となった理事長の顔を見たくないモヨン。

国際電話で予告した通り辞表を突きつけます。

実は、モヨンはヘソン病院を辞め開業をしようと考えていたのですが、ここに来て銀行で開業資金の融資を断られるという問題が発生してしまいます。

病院に出戻って救急室に勤務することに…。

 

あれほど啖呵をきってヘソン病院を出てきたにも関わらず、頭を下げて辞表を取り下げてしまうしかありません。

 

『助けて!』とシジンに救いを求めるモヨンの声に、シジンは一瞬焦りますが、話を聞けば身の危険と隣合わせのシジンには大したことのないレベルでした。

 

何とか辞表は取り下げてもらえたものの、モヨンは理事長からの嫌がらせに遭い、救急病棟へと送り込まれてしまいます。

シジンたちも帰国

シジンやデヨン、そしてミョンジュも現地での任期を終え、無事に韓国へ帰国をします。

 

ウルクでのミョンジュ父からの約束『軍人をやめて帰国し、関係会社で仕事を学ぶように』との言葉通り、デヨンは軍人をやめる覚悟を決め、退職願いを提出します。

 

デヨンは帰国前、ウルクの綺麗な夕焼けの中で『愛している』とミョンジュに告白をしていました。

 

これは、シジンとモヨンも同じような過去がありましたよね。

 

任務を終えたら飲みに行く約束をしていたシジンとデヨンは、何と0泊3日の飲み会を決行。

本当に飲むことが大好きな二人のようです。笑

シジンの帰国を心待ちにしていたモヨンは、張り切って準備をしていたのでガッカリ。

 

デヨンと飲み続けるシジンにあきれていましたがもうどうする事も出来ず、仕事を終えたモヨンが合流することに。

モヨンの母親への交際宣言

突然の娘の帰宅に驚き不審者と勘違いしたモヨンの母親は、息をひそめテーブルの下に隠れます。

モヨンはリラックスしていたのですが、シジンの酔いは一気に冷めてしまいます。

 

当然母親が目の前に現れると緊張してしまいますよね。

そういうシジンのギャップがたまらなく視聴者を楽しませてくれています。

ソン・ジュンギは回を重ねるごとに、着実に女性ファンを増やしています。笑

 

『モヨンさんと交際させて頂いています、ユ・シジンと申します』と直立不動でモヨンの母親に挨拶するシジン。

 

『私は古い人間じゃないから帰るわね』と気遣うモヨンの母親に対し、『僕が古い人間なので今日は失礼します』と返すシジンに、彼の素直で実直さを感じたモヨン母。

シジンは後日改めて挨拶に伺うと約束し、帰宅して行きます。

シジンの新たな任務

韓国でデートを楽しむ暇もなく、またしても任務に向かうこととなったシジン。

 

『デパートに行ってきます』とモヨンに言いますが、モヨンは危険な任務が待ち受けていると察知し、『帰って来たら一緒に映画に行きましょう』と言い見送ります。

 

北との会談のため要人の護衛につくシジンたちでしたが、それも終え無事に帰国をします。

戻ってきたシジンはモヨンに会うため病院へ向かいます。

 

病院のエレベーター内でたまたま理事長と遭遇し、『お前がカン先生の彼氏か』と言われますが、シジンの雰囲気に圧倒され思わず後ずさり。

 

シジンはモヨンと仲の悪いキム先生にあえて『宜しくお願いします』と丁寧に挨拶をしますが、それが気に食わないモヨン。

シジンからネックレスのプレゼントを受け取っても『物でつられるような女じゃないわ』と言いつつ、表情は再会の嬉しさが隠しきれません。

デヨンの進退

指令室に呼ばれたデヨン。

辞表を受け取った司令官は『これが君の意思だな』と言います。

 

実はミョンジュはあの日父親とデヨンの会話を聞いていて、『彼から軍人の職を奪わないで』とお願いしていました。

 

ところがデヨンは『何故そんな勝手な事をしたんだ!司令官が許したのは一人の軍人としてのデヨンではなく、娘の頼みだからなのか!それならばもうお前とは終わりだ!』と告げます。

 

ミョンジュも『あなたを不幸にしたくないので、もう私なしで生きていって』と別れを告げます。

急な展開にちょっと驚きですね。

第二次南北会談を控え、またもや要人の警護に就くシジンたち。

 

突如、アン上尉が目の前に現れ『仲間が信用出来ない。北に聞かせてくれ』と言います。

そんなアン上尉を追ってきたロシアの男たちはアン上尉を射殺しようとしますが、それをかばったシジンが銃を受け救急車で搬送されてしまいます。

 

突然のシジンの衝撃のシーンで『太陽の末裔』第13話が終わります。

ちなみに、『太陽の末裔』第13話の視聴率は33.5%で、第12話よりも0.5ポイント上昇。

どこまで右上がりの推移を続けるのか楽しみですね。

太陽の末裔13話ネタバレあらすじまとめ

韓国ドラマ『太陽の末裔』第13話のネタバレをお届けしてきました。

いかがだったでしょうか。

 

『デパートに行ってくる』というシジンに、命の危険にさらされる任務に送り出すモヨンの気持ちを考えるだけで辛いのに、シジンのこのような姿を見たら、モヨンはどうなってしまうのでしょう。

 

シジンは無事に助かるのでしょうか。

そして、突然の別れが訪れたデヨンとミョンジュたちもこのままなのでしょうか。

残すところ3話となりましたが、もう目が離せない状況です。

第12話はこちら <<◾︎>> 第14話はこちら

それでは、最後までお読み頂き、有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です