太陽の末裔ネタバレ14話!人生をかけた女性を追え!眠るのはとなりで!

太陽の末裔 ネタバレ 14話

『太陽の末裔』第14話のネタバレをお届けします。

 

韓国ドラマ『太陽の末裔』は、見知らぬ地“ウルク”で愛と成功を目指す若い軍人ユ・シジン(ソン・ジュンギ) と医師カン・モヨン(ソン・ヘギョ) のラブストーリーを描いた超大作ヒューマンラブストーリードラマです。

 

ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョそしてキム・ウンスク脚本家の出会いで話題となりました。

 

本作への人気は回を重ねる度に拡大していて、前話の第13話は視聴率33.5%を記録した傑作です。

前話のエンディングでは、シジンが銃撃されてしまいますが、その後彼の容態は!?

 

それでは早速、韓国ドラマ『太陽の末裔』第14話のあらすじネタバレを公開していきますのでお見逃しなく!!

第13話はこちら <<◾︎>> 第15話はこちら

太陽の末裔ネタバレ14話あらすじ

銃撃をうけ重症のシジンは、モヨンの勤務するヘソン病院へ運ばれてきます。

銃撃を受けたシジンの容態

銃撃を受けて重傷を負ったシジンは、北朝鮮のアン上尉と共にヘソン病院に運ばれます。

シジンが血まみれで搬送されてきてパニック状態になるモヨン。

 

『ひどい男ね。目を覚まして』と、動揺を抑えて治療に当たるモヨン。

 

シジンは一時、心肺停止状態に陥るが、モヨンによる必死の蘇生措置で息を吹き返します。

 

意識を戻したシジンは自分でもなくモヨンでもなく、アン上尉の心配をします。

 

モヨンは、『私が大丈夫なのかは、気にならないんですか? 治ったらただじゃおかないからね』と、精いっぱいの我慢をします。

 

『今日はいつもより綺麗に見える』と冗談を言うシジンに、『なんて男なの!』と笑えない様子。

 

シジンからアン上尉の執刀を頼まれたモヨンは、彼の腕に埋め込まれていたチップを取り出し、デヨンに手渡します。

アン上尉の告白

そのとりだされたチップの調査が行われ、病室は韓国軍が統制している状態。

 

シジンは軍の盗聴器を避けてアン上尉と2人で話ができるようモヨンに協力を頼み、韓国に密入国した理由を聞き出そうとしますが、アン上尉は何一つ答えようとしません。

 

実はこの病室は盗聴をされていて、それを察知していたためアン上尉は黙秘をしていたのです。

 

そこで、シジンはモヨンに更なる協力を求め、誰も立ち入れないCT検査室で『これが最後のチャンスだ!』と、アン上尉を問い詰めます

 

盗聴のおそれがないことを知ったアン上尉は、チップを返してもらい、どうして自分が追われる身なのかをようやく話し始めます。

 

どうやら特別な訓練を受けた軍人たちは、退位後に殺し屋として高値で売買されることがあるそうです。

 

そこで、後輩だった軍人が犯罪に手を染め、その後輩を抹殺することがアン上尉の任務として課されていたとか。

 

アン上尉はその任務を無事に終えたかのように思えたのですが、武装した男たちに取り囲まれ絶対絶命の状況に陥ってしまった。

 

アン上尉を取り囲んだ男たちに指示を出していたのが、北の上層幹部・チェ部長だったのです。

北の上層幹部・チェ部長の裏切りを国家に報告するため、何としても祖国へ生還したかったアン上尉。

南北会談

北に戻ったアン上尉は任務の報告をすませます。

 

そして、反逆罪のチェ部長を殺害しようと襲いかかりますが、護衛のためスナイパーを配置していたチェ部長に見事に打ち抜かれてしまうアン上尉。

 

南北会談を優位に進めようとする北側のもくろみは崩れ、部下を売り大金を手にしたチェ部長の悪事が表ざたになってしまいます。

 

分が悪くなった北側は仕方なく条件をのむしかなく、条約を締結。

 

そこに『アン上尉とチェ部長をピョンヤンに戻せとの命令です』と、北側のSPがチェ部長に近寄ってきます。

『何!?アン上尉は生きていたのか!』と驚きを隠せないチェ部長。

 

実はスナイパーに扮していたのはシジンで、あえて急所をはずしアン上尉を撃ち、チェ部長を油断させ尻尾を掴む作戦だったのです。

 

勝手に病院を抜け出し、また任務についていたシジンにモヨンのご機嫌はよくありません。

 

しかし、ニュースでシジンが影で活躍したことで条約が締結されたと察し、『二度と血だらけで搬送されてこないでね』と言います。

デヨンと再会をしたミョンジュ

シジンのお見舞いに訪れたミョンジュは病室でデヨンと遭遇します。

 

ミョンジュを愛するが故に辞表を提出したデヨンなのに、結局その愛が成就しないままの二人。

 

『一人で勝手に決めるなんて』とミョンジュは言います。

 

シジンは『人生をかけた女性を待たせすぎだよ。早く負わないと』とデヨンに促します。

久々のラブラブモードのシジンとモヨン

仕事を終えたモヨンがシジンの病室にやってきます。

もちろん担当医としてではなく、シジンの彼女として。

 

大きなスクリーンで映画を続きを見る二人ですが、二人はベッドで眠ってしまいます。

 

シジンは同じベッドで横になってほしいと言いますが、モヨンは簡易ベッドで。

そこでシジンはようやく『心配をかけてごめんね。そして助けてくれて有難う』と、伝えることが出来ました。

 

その後、二人は同じベッドで眠り、強い愛を確かめることになりました。

『太陽の末裔』第14話を見た視聴者は、

切なくなったり。おバカになったり。怒ったり。寂びしくなったり。忙しすぎですよ。

と、視聴者を完全に取り込んでいますね。

もう残すところ2話しかないのですが、

 

ずっと食い入るように見てきた作品だけに、まだドラマ中盤ぐらいの感覚ですね。

果たしてここからはハッピーエンドへと向かっていくのでしょうか。

太陽の末裔14話ネタバレあらすじまとめ

この記事では、『太陽の末裔』第14話のあらすじネタバレをお届けしてきました。

いかがだったでしょうか。

 

『太陽の末裔』は、第1話からスピーディーな展開で視聴者たちの期待を満足させてきました。

 

除隊後初めてドラマに復帰したソン・ジュンギと、2013年のドラマ『その冬、風が吹く』以来3年ぶりにドラマに出演するソン・ヘギョ。

 

そして、2013年のドラマ『相続者たち』後3年ぶりに復帰したキム・ウンスクの出会いであるだけに、視聴者たちが信じて見れるドラマが誕生したのも高視聴率牽引の大きな要因になっているようです。

 

順調に右肩上がりの推移を続ける本作。

作品も残すところ2話となり、最後の結末も気になって仕方がありませんね!

第13話はこちら <<◾︎>> 第15話はこちら

それでは、最後までお読み頂き、有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です