太陽の末裔ネタバレ4話!守る命令に背いてでも‥ドア越しのなぐさめ

太陽の末裔 ネタバレ 4話

韓国ドラマ『太陽の末裔』第4話のあらすじネタバレをお届けします。

 

『太陽の末裔』は、ウルクという見知らぬ地に派兵された軍人と医師たちを通じて、極限の状況でも愛して連帯する人々の物語を盛り込んだヒューマンラブストーリーです。

 

ソン・ジュンギソン・ヘギョという豪華なキャストにに加え、脚本家のキム・ウンスクとキム・ウォンソク、プロデューサーのイ・ウンボク、ペク・サンフンが共同執筆と演出を手がけ、ドリームチームの制作陣が終結。

 

映画投資配給会社であるNEWの初めてのドラマ進出作であり、初の中韓同時放映作として話題を集めました。

 

他にも、100%事前制作という点が興味を惹いたようです。

これに対し、キム・ウンスク脚本家は長所が大きいと強調。

彼女は『すべてのドラマは事前制作をしなければならないという話を聞いたが、事前制作をしてみたら長所と短所がはっきりあった。台本が予め出ていて俳優が最初から本人のキャラクターをよく熟知し、時間的に余裕があることは長所だ』と答えました。

ソン・ジュンギとソン・ヘギョも『台本を見るやいなや出演を決めた』と、作品に特別な愛情を表現していました。

 

そんなシナリオからして制作陣をも虜にした韓国ドラマ『太陽の末裔』第4話のあらすじネタバレをご紹介していきますね!

第3話はこちら <<◾︎>> 第5話はこちら

太陽の末裔ネタバレ第4話あらすじ

『太陽の末裔』第3話ではユ・シジン(ソン・ジュンギ) とカン・モヨン(ソン・ヘギョ) がウルクで再会する姿が描かれました。

 

女医として教授になれたモヨンでしたが、理事長から反感を買いウルクへと医療ボランティア要因として派遣を命じられてしまったのです。

 

ところが、ウルクではシジンも海外派兵軍人として同僚と共に訓練を受けていていたのです。

第3話の後半、女医のモヨンはアラブ要人の患者を治療をしなければ助からない一刻を争う事態に直面します。

一方の軍隊側はシジンに絶対に介入しないようにと命じます。

 

シジンは悩みの末、モヨンにアラブの要人を助けて欲しいと話します。

そして、彼は交信を切りアラブ軍と対峙します。

カン・モヨンの医療チームは命をかけた手術を始めます。

アラブ要人の手術

失敗すれば命がない極限状態でアラブ要人の手術はスタートします。

手術痕から予想通りの結果が出て、モヨンは焦らずに手順通りに進めていきますが途中危険な状態におちいります。

 

緊張を余儀なくされる状況でしたが、なんとか無事手術を成功させたモヨン

このシーンは視聴者を感動の渦に巻き込みました。

本物のカップルだから出せる雰囲気がテレビの画面を通しても伝わったのではないでしょうか。

シジンへの処罰

その頃、韓国ではシジンに対しての処遇が議論されていました。

シジンは命令不服従で解任され、兵営内に拘禁するよう決定が下されます。

 

拘禁中のシジンに会いに行ったモヨンはビョンス大隊長に『医者としての当然の判断の元手術をした』と言いますが、『その行為によってシジンの将来が潰れた』と返されてしまいます。

 

そして、デヨンへの転出命令は変わりがないこと、今回の件はシジン1人の責任にすることをチームに告げ本陣に戻って行きます。

拘禁されたシジン

モヨンは拘禁されているシジンとドア越しに話をします。

『自分のせいで申し訳ない』と謝るモヨンに、シジンは優しく慰めます。

 

術後、意識が戻らなかったアラブ要人の議長の意識がようやくもどり、危機を脱し安堵する医療奉仕団チーム。

デヨンとミョンジュの引き裂かれた運命

アラブ要人とSPたちが兵営から去ったことをチェ中士より報告を受けるソ・デヨン。

デヨンはミョンジュの父親から韓国への帰国を命ぜられます。

 

それは、上官の娘ミョンジュがウルク入りをしたためでした。

ウルクに到着したミョンジュと帰国するデヨンは空港で鉢合わせをします。

 

ミョンジュは機内に行こうとするデヨンの手を引き留めた瞬間、デヨンを抱きしめ涙を流します。

視聴者はただただ『二人の幸せを願いたい』とSNSで多数コメントしていますね。

拘禁が解けたシジン

韓国では大統領府外交安保首席のイ・ハンスよりユン司令官の元へ連絡が入ります。

シジンの拘禁が解かれ、チームに戻り久々にチームとの再会を果たします。

 

ちょうどその時、シジンに会いにモヨンが来ます。

お礼もかねて2人で話をしていたところ、アラブ要人の議長の車が二人に近づいてきます。

アラブ要人の議長は二人に感謝を述べます。

デート

カフェでお茶をしている最中、シジンの携帯が鳴り、またもや二人のデートが中断されてしまいます。

 

一緒に行きたいというモヨンに2人の関係がシジンにとって不利になるといい断るのですが、引き下がらないモヨン。

 

シジンの行き先は昔の戦友の葬儀でした。

『シジンもいつか同じような目に遭うかもしれない』とその姿を複雑な表情で見守るモヨン。

シジンへの処罰

アラブ要人の議長のウルク来訪自体が無かった事になったため、軍の命令に背いて手術をしたとの理由では処罰が出来ません。

 

しかし、本陣として別の理由をつけてシジンに減俸と昇級対象外となることを言い渡します。

 

『シジン一人の責任ではない。自分のせいだ』と決定の取り下げを求め本陣に乗り込むモヨンですが、取り合ってもらえるはずもなく…。

 

シジンはモヨンをその場から連れ出し、『軍の問題であり関わるな』と伝えます。

モヨンを想ってのことでしたがその口調はきつく、モヨンは自分の行動が迷惑をかけてしまったとのショックから車に乗りその場を去って行ってしまいます。

帰る足を失ったシジンが兵営に戻るとモヨンがやってきます。

出しゃばったことを謝罪するモヨンに対し、中断してしまっていた映画館でのデートの話をする二人。

 

と、ここまでが『太陽の末裔』第4話の内容です。

一旦、シジンの拘禁も解かれほっと安堵したのもつかの間。

軍人の規律は絶対なのですね。

 

そんな厳格な軍の中に身を置きながらも、モヨンを必死に守ろうとするシジンの男気にすっかり虜になってしまいました。

 

ぐっと距離が縮まったモヨンとシジンに対し、デヨンとミョンジュは距離は離れる一方…。

回を重ねるたびに、ドラマに深みが増し作品から抜け出せなくなっていきますね。

太陽の末裔4話あらすじネタバレまとめ

この記事では、韓国ドラマ『太陽の末裔』第4話のあらすじネタバレをお届けしてきました。

いかがだったでしょうか。

 

『太陽の末裔』は見知らぬ地、極限の環境の中で愛と成功を目指す若い軍人と医師たちを通して人生の価値を描く超大作ヒューマンラブストーリーです。

 

第4話はまさに”ヒューマンラブストーリー”そのものでしたね。

軍人のシジンと、ハツラツとした医師・モヨンの相性と映画レベルのスケールが視聴者の視線投稿一覧を圧倒!

第4話では進展は見られませんでしたが、デヨンとミョンジュの今後にも期待をしたいです。

 

まだまだドラマ序盤でこの面白さ!

第5話以降の展開も気になりますね!

第4話はこちら <<◾︎>> 第5話はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です