太陽の末裔7話ネタバレ!本心を打ち明けるツンデレ告白!

太陽の末裔 7話 ネタバレ

『太陽の末裔』第7話のネタバレをご紹介していきます。

『太陽の末裔』は、ソン・ジュンギ×ソン・ヘギョが贈るメガヒットドラマ。

 

軍人同士の戦友愛、ブロマンスも加わって、縦横無尽に見どころが張り巡らされ回を重ねるごとに視聴率は上昇し、41.6%を記録した大作です。

 

他にも、TSUTAYAが約6,300万人のT会員の利用データに基づき、TSUTAYAのアジアTVドラマ利用者のデータを集計し、レンタル回数の多い作品ランキングを発表した結果、2017年今上半期は、『太陽の末裔 Love Under The Sun』が第1位となったとか。

 

萌えキュンに緊迫感に、そして爆笑シーンの連続で終始視聴者を飽きさせることなく楽しませてくれます。

それでは、そんな超話題作『太陽の末裔』第7話あらすじネタバレをご紹介していきますので、お見逃しなく!

第6話はこちら <<◾︎>> 第8話はこちら

太陽の末裔7話ネタバレあらすじ

モヨンが医療ボランティアとして派遣されているウルクを巨大地震が襲いました。

帰国し余暇を過ごしていたシジンもデションと共に急きょウルクに向かい、二組のカップルはウルクで再会を果たします。

 

ようやく再会出来た4人たち、もうこれ以上運命の悪戯にあわなければよいのですが…。

それでは、続く第7話の内容のネタバレです!

救える命、失う命

被災地で捜索救助活動を行う救助隊と医療チーム。

ダニエルとイェファも市内から駆け付け、負傷者の治療に当たります。

 

倒壊した発電所で生存者の捜索活動を行っていたシジンは、瓦礫の中に閉じ込められたコ班長とバユを発見。

 

地震現場では鉄骨に刺された一人と、その反対側でコンクリートの下敷きになった一人の生存者が発見されます。

問題は一人を救うともう一人は死ななければならないということだったのです。

どちらか1人を救えば一方が命を失うという状況に直面したモヨン…。

 

つらい選択を迫られます。

そんなモヨンに対しシジンは『工学的、医学的にもほかの方法はない。こういう時は医者の判断に従って生存確率の高い患者を先に救助しなければならない』と言います。

しばらく前にモヨンと熱いキスを交わしたシジンでしたが、シジンにとってこれはあくまで任務の一環だったのです。

シジンの冷徹な態度にモヨンは『だから私にどちらかを選べってことなのね!』と、涙を流します。

 

それでもモヨンは医師としてとっさの判断が出来ません。

モヨンはどの患者を助ければいいのか分からなく、シジンに『私よりもあなたの方が経験豊富でしょ!』と、助言を求めます。

 

しかし、シジンは『どうして僕に聞くのだ!診察したし、診断すればいいじゃないか。泣き言を言う時間はない!!』という冷たい答えだけが戻って来るのみ。

シジンはこの日、とりわけ冷たくきつくモヨンに接していました。

シジンの言葉を聞き、モヨンは医師としての救助の順番を伝えます。

 

手術台に乗ったのはバユでした。

 

職員たちの命より、書類探しを優先する現場管理者チン・ヨンス(チョ・ジェユン) に『国家というのは、国民の生存と安全を最優先にする。君のようなやつでも危険に陥ったらどんな手段や方法を使っても救うのが国家であり軍人の任務なのだ。そんなに書類の救助に急いでいるなら直接掘れ。消えろ』とも言ったのでした。

 

しかし、自身の部下たちにだけは温かいシジン。

犠牲者

犠牲者が並べられている中に、変わりはてた姿となったコ班長の姿がありました。

遺品を見つめ、コ班長に敬礼をし送り出すシジン。

 

シジンは『今日このような状況について余り深刻に考えるな。ただ僕の命令に従えばいい。中隊長はいつも正しい命令しかしないから。点呼終了』と死亡者が続出する惨憺たる状況の中の兵士たちを慰めます。

このようなシジンの姿はセクシーでありながら、温かくもありました。

この軍人と医師のやりとりは視聴者の胸にも深く刻まれたようです。

このシーンに対するコメントも多数投稿されています。

 

決して誰も悪くない、そのような状況下では誰もが辛い厳しい選択をしなければならない、それを描いた作品なのですよね。

モヨンの決断そして苦しみ

モヨンは一人の患者を選び、選ばれなかった一人は命を失いました。

モヨンは自身が選ばなかった患者の微笑みを思い浮かべながら涙を流します。

シジンはそんなモヨンの後姿を黙々と見守るしか出来ません。

 

しかし、シジンも皮膚が裂ける怪我をし、痛みを我慢していたのです。

 

モヨンは負傷したシジンを治療しながら『大丈夫ですよ私は』と強がります。

シジンは『心の中で話したけど、聞こえたの?一緒に戦ってくれてありがとうございました。さっき僕がそっけなく言ったのは…』と、厳しくそして冷たく当たったことを謝ります。

ジシンのモヨンへの愛の言葉

シジンはモヨンに『今、とても可愛い。すごく会いたかった。お酒を飲んだり、いろんなことをしてみたけど、何をしても思い出してしまいました。
すごく会いたかった。僕がこんなことを言うなんて思いもよらなかった?それなら考えてみて。これは本当の話だから』と本心を打ち明けます。

 

災難現場では冷徹にそして明確に公私の線引きをしていたシジン。

 

皮膚が裂ける痛みも我慢していた彼だからこそ、この日の告白は更に彼の優しさと愛情を倍増させましたね。

地獄のような現実を一緒に耐えながら、少し距離を縮める二人。

 

と、ここまでが『太陽の末裔』第7話の内容です。

第7話はとても過酷な惨状が描かれていて、涙を耐えることは出来なかったのではないでしょうか。

太陽の末裔7話ネタバレあらすじまとめ

この記事では、『太陽の末裔』第7話あらすじネタバレをお届けしてきました。

いかがだったでしょうか。

 

『太陽の末裔』は“ウルク”という見知らぬ地に派兵された軍人と医師たちを通して極限の状況の中でも愛し、連帯する人々の物語を描くヒューマンラブストーリーで、『シークレット・ガーデン』、『相続者たち』、『紳士の品格』など数々のヒット作を手掛けたキム・ウンスク作家が脚本を手掛けた作品です。

除隊後初のドラマ出演となったソン・ジュンギと『その冬、風が吹く』以来、約3年ぶりのドラマ出演となったソン・ヘギョの豪華共演ということでも放送前から注目度が高かったのは事実ですが、それにしても第7話では視聴率が28.3%を記録するなど、韓国でブームを巻き起こしました。

回を重ねるごとに、ドラマに深みが出て行きます。

第6話はこちら <<◾︎>> 第8話はこちら

一旦見始めるともう途中で抜け出すことは出来ないほど視聴者を虜にしてしまう、そんな内容が続いています。

もうこれ以上の惨事は見たくないと思いながらも、その過酷な状況の下でのラブストーリーも気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です