ラブリースターラブリー全話ネタバレ一挙公開!

ラブリースターラブリー ネタバレ

ラブリースターラブリー全話ネタバレをしていきます。

 

大ヒットラブコメに主演し女性ファンを多く抱えるパク・シフ主演で、本作でも群の演技力と甘い眼差しで多くの女性を虜にしてくれます。

本作では、人生絶好調の一流俳優フィリップに。

そしてヒロイン役にはソン・ジヒョが抜擢され、不運続きの脚本家ウルスン役はとってもキュート!

ドラマの制作現場を舞台に描かれる予測不能なラブストーリーです。

 

続きが気になって仕方がない方必見!

ラブリースターラブリー全話ネタバレをしていきます。

ラブリースターラブリー全話ネタバレ

ラブリースターラブリー ネタバレ

引用:公式サイト

運命を共有している、一人の男性と女性。

トップスターとドラマ作家として出会った二人に捲き起こる不思議×奇妙な出来事を描いた物語です。

単なるラブストーリーではなく、ホラー要素やコメディ要素ありで楽しめる内容です。

それでは早速、ラブリースターラブリー第一話からネタバレを見ていきましょう。

第1話:危険な出会い

ありえないほどの強運の持ち主フィリップ。

ハリウッドへの進出も目前に迫っていた。

そんな飛ぶ鳥落とす勢いのフィリップだったので、人気脚本家ウニョンのドラマ『幽霊の恋』へキャスティングもあっさり断ってしまう。

 

脚本家デビューを目指すウルスンは、不運の持ち主。

共同執筆の約束だった友人ウニョンからも裏切られてしまう。

第2話:脚本家は知っている

フィリップは山崩れで車の中に閉じ込められてしまう。

それは、占い師の予言どおりだったが、ウルスンによって無事救い出される。

命拾いしたかと思ったら、その後ブランドのCMを降板させられたり、深刻な肌トラブルになったり…。

更に『幽霊の恋』の台本に8年前のプライベートが書かれているとしり大激怒し、脚本家のウニョンに会おうとする。

しかし、ウニョンと連絡が取れず代わりにウルスンと会う。

第3話:嫌よ嫌よも好きのうち

何と脚本家ウニョンが遺体で発見されたというニュースが報道される。

それなのに、ある現場でフィリップはウニョンに似た女性を目撃する。

その女性を追って行くとフィリップはまたしても危険な目に。

すると、またウルスンに命を救ってもらうことに。

 

何度も助けてもらったウルスンにお礼をしようと、『幽霊の恋』の台本を買い取ろうとするもウルスンは受け入れない。

第4話:恋のバトルはひとつ屋根の下で

『幽霊の恋』の台本に書かれたことが次々とフィリップの身にふりかかる。

ウルスンは、このままだと主人公が死んでしまうと不安になる。

 

一方のフィリップは、ウルスンが幼少期にお守りのネックレスをくれた少女だと気が付く。

そこで『幽霊の恋』への出演を承諾する。

ウルスンもフィリップに次にふりかかる危険を知ってもらうために、同居しながら執筆活動をすることを条件にする。

2人の同居に嫉妬するユナやソンジュンは大反対する。

第5話:私たち結婚します

『幽霊の恋』の記者会見でのこと。

ウルスンは、ユナとの結婚発表をしたらフィリップが男性に襲撃される未来を見てしまう。

ウルスンはそれを阻止しようと、『フィリップの結婚相手は自分だ』とキスをしたので、記者会見場は大混乱に。

 

フィリップは家事が起きた部屋の隣にはウルスンが住んでいたことを知る。

そんな中、フィリップは自分を衝撃する男が誰なのか突き止めようと、監視カメラをチェックする。

第6話:守る心と悔し涙

ウルスンは、スジョン殺害とウニョン失踪事件の参考人として警察に連行される。

フィリップはそんなウルスンのアリバイを証明する。

その後、フィリップのたった一人の友達に会い、『幽霊の恋』の中の犯人ゴンの正体を探る。

共同執筆者のソンジュンはウルスンを危険から守ろうと、脚本を変更する。

第7話:絶体絶命の後に

フィリップはドンチョルに襲撃され意識不明の重体に陥る。

一方、ネックレスを再び手にしたウルスンの運気は上昇するも、フィリップの事を想うと手放しでは喜べなかった。

ウルスンがフィリップを見舞うと、フィリップと同じ病室にウニョンが入院していたのを知り驚く。

どうやらウニョンは一ヶ月間倉庫に監禁されていたようだった。

フィリップは無事に意識が戻るが、会社からはまだ世間への公表を待つように指示が出る。

第8話:近づく2人の心

フィリップはウルスンの幸せを願い彼女にネックレスを返す。

フィリップとウルスンの距離が近づきキスをしようとした瞬間、ウルスンは高熱に見舞われる。

ウルスンを看病するフィリップ。

ウルスンに、自分が24年前にネックレスを受け取った少年だと存在を明かす。

 

フィリップは『幽霊の恋』の共同執筆家ソンジュンに脚本家をウルスンに戻してほしいと頼み、交換条件として出された彼女に近づかないということを承諾する。

事情を知らないのはウルスン1人だった。

第9話:優しさに触れた時

ウルスンはフィリップから返されたネックスレスを捨ててしまう。

ウルスンはフィリップを安心させようと『幽霊なんかいないわ』と言う。

しかし、ネックレスが手元にないので、その後2人を次々にトラブルが襲ってくる。

 

そんな中、ソンジュンはフィリップにウルスンが好きと堂々宣戦布告をする。

第10話:幸せすぎるキス

ウルスンにキスをするフィリップ。

ウルスンは捨てられる時の事を考えると積極的になれないでいたが、フィリップのアプローチは続く。

ウルスンはフィリップの事で頭がイッパイに。

 

そんな中、ウルスンはソンジュンは幼少期に一緒に暮らしていた少年だと知る。

また、高校時代にもフィリップに会っていたことにも気が付く。

どうやら、24年も前から8年おきにフィリップに会っていたのだった。

第11話:愛の試練

フィリップは偶然自分の母親は自分を守るためにウルスンを利用した事を知ってしまう。

ウルスンに後ろめたさを感じてしまうフィリップ。

 

ラヨンの幽霊がウルスンに笑顔を見せるフィリップに怒り心頭しウルスンに襲撃しようとするも、ウルスンを助けようと駆け寄ったフィリップに今度はユナが激しく嫉妬する。

第12話:別れの理由

ウルスンは育ての母親がフィリップの実母だと知る。

ウルスンは自分のせいでフィリップが死ぬ事を避けるために、わざとフィリップをつき離し別れを告げる。

 

フィリップも引っ越しを決意する。

そこでウルスンはフィリップの家を購入し幼少期に自分が暮らしていた家で生活を始める。

第13話:俺が君を必ず守る

ウルスンから『私たちどちらかが死ぬことになる。それでも後悔はないか』と聞かれるフィリップ。

フィリップはウルスンを守り抜く決意をする。

 

ウニョンはユナに薬を盛られ搬送される。

ウニョンは意識が戻らないままだった。

ウルスンはウニョンの台本を読み、ある衝撃的な事実を知ってしまう。

第14話:衝撃の真実

フィリップはウルスンを母親の呪縛から解放してあげようと、ウルスンが暮らしていた家を取り壊そうとするも、ウルスンは必死に阻止する。

8年前の火事の時、フィリップを助けたのは母親オクヒだったことを告げる。

 

フィリップは自分たちには交通事故が待ち受けてる事を知る。

何とか背後にいる人物を追及して阻止しようとする。

ソンジュンはウルスンに切ない気持を告白する。

第15話:すべて愛から始まった

いよいよウルスンに危険が迫って来る。

ウルスンの乗った車のブレーキがきかなくなって、車はフィリップに向って暴走してしまう。

ソンジュンが自分の車をぶつけてウルスンの車を停車させる。

危機一髪でウルスンとフィリップの命が助かる。

 

ソンジュンは『これはラヨンの幽霊の仕業だ』と言う。

そんな中、ユナの悪事がソンジュンに知られてしまい、ユナは自暴自棄になってしまう。

見境がなくなりウルスンの家に忍び込むユナ。

第16話(最終話):もう一度2人で始めよう

失恋しすっかり落ちぶれたフィリップ。

かつての人気俳優としての影も形もなくなってしまう。

 

一方でウルスンは人気脚本家にのし上がっていた。

フィリップはその状況にウルスンを攻め立てるも、ウルスンは気にせずソンジュンとフィリップの前から立ち去る。

そんな中、フィリップはまたしてもウルスンと再会し、2人は24年前に母親がした祈祷について調査を始める。

 

フィリップはソンっ淳から聞かされた場所へ向かうと『始まりは最悪。最初から出直す覚悟はあるかな?』と書かれた立札を見る。

フィリップの背後にウルスンが立っていた。

2人は今後何があっても離れないと決意をする。

お互いの固い絆を確かめ合い熱いキスをする2人。

 

最後まで完全にネタばれしてしまいました。

出会いは最悪でしたが、結局ハッピーエンドを迎えた2人。

ストーリーもサクサク進むので、全16話と短めなので見ていて気持ちがよかったですね。

最後結末が気になっていた方も、スッキリしたのではないでしょうか。

ラブリースターラブリー全話ネタバレまとめ

ラブリースターラブリー ネタバレ

引用:公式サイト

ラブリースターラブリー全話ネタバレをしてきました。

いかがだったでしょうか。

 

登場人物も少なく、とっても分かりやすいドラマでしたね。

途中ウルスンとフィリップはどうなってしまうのかと思いましたが、運命共同体の2人。

今後もこの幸せが続くとよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です