ミーユエ王朝を照らす月の感想は面白い!圧倒的カリスマの女性政治家!

中国ドラマ「ミーユエ王朝を照らす月」を見た感想や評価がとても面白いと話題になっています。

中国の歴史の中で三大悪女と言われた武 則天(ぶ そくてん)よりもずっと前に女帝がミーユエが存在。

このドラマはまるで映画のような巨額の製作費をかけた中国超大作時代劇と話題になりました。

宣太后の名で知られるミーユエの一代記を壮大なスケールとキレイな映像美で描いています。

映像ももちろんですが、そのキャストも美男美女!見ている側もまるで天国ですね。

また時代劇でありつつもストーリーがとても面白いと評価が高いドラマに仕上がってします。

それでは中国ドラマ「ミーユエ王朝を照らす月」を見たみなさんの感想・評価をみてみましょう。

中国ドラマミーユエ王朝を照らす月の感想は面白い!みんなの評価!

中国ドラマ「ミーユエ王朝を照らす月」の感想やみなさんの評価・とても面白いなどの評判を見てみましょう。

全81話!な,ながいっっ!けれど毎回、手に汗にぎる展開に(多少、中ダルミはあっても)力入りすぎて肩こり、そして続きが見たくて寝不足…。宮廷ドラマお得意の後宮のドロドロもあるけど,それより当時の政治や法,戦,風習なんかの描き方に力が入っている。史書に残るエピソードもいっぱい出てくる。男性でもおもしろいかも。

中国の大河ドラマはとにかく脚本が丁寧だ。無理な設定で伸ばしたりってのがないので,長くても最初から最後までちゃんと練られたストーリーで、設定もブレない。複雑な伏線もきちんと回収して終わる。じつに爽快!痛快!そして感動!もちろん製作費がすごいんで、衣装もセットも役者も豪華。ロケも雄大。

華流ドラマの時代劇の中で1番面白い作品だと思う。後宮のドロドロとかにイライラしつつも、毎話ちゃんと落とし所があるのでダレずに観れる。ミーユエは現代のバリキャリ的なかっこよさがあり,スン・リーの演技にも引き込まれるものがあった。
史実なども勉強しながら鑑賞したため、中国の歴史の勉強になり良かった

春秋戦国時代から始皇帝への時代に繋がる秦の台頭。張儀・蘇秦・屈原・春申君…中国史の英雄たちが続々と登場して本当に楽しい。この時代の女性たちの後宮の凄まじい闘いが興味深い、そんな中国ドラマだった。

黄歇の眼差しサイコウか!終盤虚しすぎて泣けた。自分には絶対選べない道。

 

私は何かのDVDを見ていて、その予告編でこのドラマを知りました。

あの予告編だけでも見ごたえたっぷり。

完全に「見たい!」という感情に陥りました。

そのくらいスケールも違う!まるで映画を見ているような気になります。

もちろんお決まりの王室での女性いじめや寵愛を受けるための努力が見どころとも言えますね。

81話!とちょっと躊躇もしましたが全く問題なかったです。

すいすい見てしまう。

それにしても後半の自身に満ちたミーユエの表情は一機に変わった姿は見ものですね。

時代劇にしても話のテンポもすごくよかったのでかなりのおすすめです。

中国ドラマミーユエ王朝を照らす月の評価が面白い3つの理由!

なぜこんなにも中国ドラマ「ミーユエ王朝を照らす月」は面白いと評価が高いのでしょうか。

その理由を3つにまとめてみました。

面白い理由①魅力あるミーユエに素直にハマれる!

主人公のミーユエはもちろん生まれたときから悪女ではなかったです。

中国の戦国時代に国王に子が誕生するとの期待の中、誕生したのですが、男の子ではなく女の子。

侍妾から生まれた子の為国を継ぐものではないがとても愛されて育ったミーユエ。

そんな彼女を疎ましく思う王后からの罠を仕掛けられ、母は子を守るため王室を去るのであった。

外の世界で暮らし始める母とミーユエはとてもユーモアあふれる少女に成長をしたのであった。

そんな彼女も運命に逆らう事が出来ず、再び王族に戻され恵文王から寵愛を得たミーユエ。

もって生まれた知性とユーモアから才能を発揮する。

そして朝政に参加し,天下に君臨していく。

実は王室を離れたときに心ひかれた男性もいたのですが、もちろんどうすることもできず…。

とても切ない境遇に生まれるも持前の明るさや美貌で上り詰める過程がとてもかっこよかったですね。

面白い理由②ミーユエを取り巻く男たちがイケメン!

もちろん視聴する側としてはとても重要(笑)

しかも皆さんお顔もとってもキレイだし、話す声もうっとり。

とにかく「王」といわれる人はみんなミーユエに惹かれます。

主要メンバーでもある3人を紹介します。

まずは嬴駟役のアレックス・フォンさん。

彼はミーユエをとても寵愛をし女帝にした人物ですね。

そして黄歇ホアン・シュアンさん。

ミーユエと幼なじみでお互いに好意をもっていました。

最後に翟驪ガオ・ユンシャンさん。

彼女に一目ぼれをしてしまう役です。

美貌だけではなく,その性格にも惹かれていくにものもちろん魅力があり、それぞれの感情が交錯をしていました。

あなたもお気に入りの男性をみつけてみてはいかがでしょか。

面白い理由③ハリウッド並みの制作費!

ストーリーもそうですが製作費もとても話題になりました。

映画でとても有名な針ハイウッド並みで日本円で58億!だそうです。

桁が半端ない!しかもドラマですよ!考えられないですね。

もちろんきっちり視聴率もマークしています。

再生回数が3代悪女で有名になった(武則天)に次ぐ視聴率。

動画配信再生回数に至っては200億回!

これまた桁外れですね。

中国の人口が多いからかなぁと思ったらとんでもない。

中国でももちろん、アジアだけでなくアメリアやカナダでもとても話題になったという事。

全世界がミーユエの魅力にハマったといっても過言ではないですね。

中国ドラマミーユエ王朝を照らす月のキャストの感想!ミーユエが美しすぎるとの評価!

中国ドラマ「ミーユエ王朝を照らす月」のキャストの感想をまとめました。

ミーユエが美しすぎるとの評価!との事なので皆さんの感想を見てみましょう。

スン リーの演技が上手い!終盤に皇居の外階段で兵士に語る場面は圧巻だ。本当に上手い。この女優のドラマをまた見たい。

衣装もとても豪華だけどなんといってもミーユエの魅力にどっぷり。なんであんなにキレイなんでしょう…。うらやましい。

初めて中国ドラマを見たのがこのドラマです。アメリカの友人から勧められてたのですがどっぷり。アジアの人がみんなあんなに美しいと思われると心配(笑)

まさにはまり役!ミーユエの切ない感情もセリフの一言もなんか心の刺さる。にしてもあんであんな豪華衣装にも劣らスンリーさんの演技にも圧倒されました。

さすが中国ドラマの時代劇でスケールが桁外れで圧倒されました。しかも出演者が美男美女ばっかり。その中でも主役をしていたスンリーさんが一番!

 

本当にミーユエの美貌はスケール違いで本当に美しい!

中国ドラマは比較的美女が沢山出ていますが、そのなかでもダントツだと思います。

もう一人の美女でもある義理の姉でもある羋姝(ビシュ)も劣らずお美しい。

あの時代の中国は,貴金属を身に着けることによって権力の象徴を言われています。

でも衣装に負けず劣らずの美しさに本当に度肝を抜かれました!

ミーユエ王朝を照らす月の感想は面白い!圧倒的カリスマの女性政治家!まとめ

中国ドラマ「ミーユエ王朝を照らす月」の感想は面白い!圧倒的カリスマの女性政治家!を簡単ではありますがまとめてみました。

高評価ドラマでしたね!

中国ドラマでしかも時代劇…81話もあるなんて見始めるまえに結構勇気が大丈夫です。

結構中毒性(笑)があり次々に見たくなるストーリの為負担はかからないと思います。

しかも映画さながらなので映像美も楽しめるドラマになっていますよ。

このドラマの話題は製作費もそうですが、ドラマを支えているキャストにもあります。

主役を務めたスンリーさんは2004年に日本のウーロン茶のCMに出演したので覚えている方も多いかも。

そして日本のドラマをリメイクした作品にもでるなど、時代劇からコメディまで幅広く活躍をしている女優さんです。

ちなみにリメイク作品は「家を売る女」だそうです。残念ながら日本では未放送ですが…。

今後韓国ドラマ同様中国ドラマも目にする機会が多いと思いますが、先入観をすて是非挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です