当ブログおすすめ韓国恋愛ドラマ10選

神龍(シェンロン)中国ドラマ のネタバレ全話!総製作費 100 億円の内容!

神龍 ネタバレ

中国ドラマ『神龍<シェンロン>-Martial Universe-』の全話ネタバレをしていきます。

 

構想7 年、総製作費 100 億円!

 

中国最大級のスケールで描いた時代劇大作!

 

アクション&ファンタジー、壮大なスペクタクル、感動のラブストーリーヒットジャンルを完全網羅した無敵のエンターテイメントアクション!

 

視聴者の魂を揺さぶる興奮、そして感動を与えてくれますよ。

それでは、メガヒット中国ドラマ『神龍<シェンロン>-Martial Universe-』の全話ネタバレが知りたい方必見です。

 

もくじ

中国ドラマ『神龍<シェンロン>-Martial Universe-』の全話ネタバレ

まだDVDも発売されたばかりなので、日本で視聴した方は少なく情報も少ないですよね。

気になる内容全話一覧お見逃しなく!

 

第1話 伝説の幕開け

人間界と魔界が存在する世。

人間界では、伝説の英雄・符祖が魔物を封印したとされている護符と符祖の後継者が現れることが待望されている。

 

そんな中、かつて名門を誇った林家の末裔・林動は、負傷した父親を治療するために大炎王朝の四大豪族・雷家が主催する賭け試合に出場して大金を獲得する。

 

その頃、太清宮の娘・綾清竹は、一門には無断で魔封じの旅に出ていた。

そして、その太清宮の娘・綾清竹と腕比べをして負けた道宗宗主の娘・応歓歓も彼女へのライバル心から自分も下山をすると決める。

 

第2話 青陽村の怪事

炎虎との約束を守るため林動は森妖を捕まえる。

すると、そこへ太清宮の娘・綾清竹が現れては香袋を落として姿を消す。

 

翌日、青檀を嫁にすると雷レイが手下と共に乗り込んでくる。

青檀は凝血朱果を渡せば嫁ぐとやむなく応じる。

実は、この婚姻は林琅天によってしくまれたものだった。

 

林琅天は、雷家の鉄木山荘に魔物がいると考えて、綾清竹に協力を要請する。

その頃、応歓歓も青陽村に到着し鉄木山荘の噂は耳に入っていた。

そして、林動も青檀救出のため入山する。

 

第3話 炎虎との絆

青檀を救い出した林動たち。

雷家の執事に魔物が取り憑いたことを伝えようと、家長の雷鐘のところへ向かう。

林琅天は、『両家の婚姻は魔物をおびき出すための作戦だった』と打ち明ける。

そして、婚姻解消を申し入れる。

雷鐘も事を荒立てたくなかったのでそれを受け入れる。

 

林動と青檀は、父の傷の治療薬・凝血朱果を手に入れるため、深夜に執事の墓を掘り起こす。

 

第4話 護符の出現

林琅天と綾清竹は応歓歓との遭遇を避けるために洞窟に入る。

すると、そこで青檀が寒毒の発作を起こす。

林動は自分の血を飲ませようとするが、滴った血のせいで突然洞窟が鳴動。

2人は外の沼に飛び込む。

 

林動は沼底で不思議な力を持つ医師を発見する。

そして、不思議な力の導きにより通背九響拳を習得。

林動は石を持ち帰ってその後も色々と試してみる。

すると、そこへある老人と女性が来て『石を譲ってほしい』と言う。

 

第5話 石符に住む妖霊

林動は石を譲れと言う老人たちを地下に閉じ込めてしまう。

そこに雷鐘がやってきて、『弟の雷厲を返してくれ』と言う。

林動は自身の潔白を証明するために、黒豹妖晶を取ろうと妖獣谷へ行く。

 

応歓歓は、地下を抜け出した老人に助けられる。

そして、林動を救出するために後を追う。

林琅天、綾清竹、青檀が林動を救出しようと妖獣谷へと向かう。

その道中で、魔物に取り憑かれた雷厲を捕らえる。

 

一方、林動と応歓歓は、石符の中から飛び出してきた妖霊・天妖貂を捕まえる

 

第6話 覚醒

林動と応歓歓は、捕らえた小貂を脅して黒豹の居場所へと案内させる。

林動は元力の種を得て地元境へ昇級。

そして、林琅天と炎虎の援護もあり、妖晶を手に入れる。

 

雷鐘は手下と林家に押しかける。

林動は妖晶を引き合いに取引をして、一連の騒動はいったん終結。

 

第7話 復讐の誓い

林動は符師会への勧誘を受けるがそれを拒否。

負傷した林琅天は師姉から魔物を己の元丹に封印せよとアドバイスを受ける。

 

翌日、妖獣谷へ向かう林動たち。

魔物がとりついた雷鐘から襲撃を受ける。

それは、魔物をおびき寄せるための林琅天の策略だった。

魔物は応勧勧を人質にして、石符との交換を迫ってくる。

 

第8話 新たなる旅立ち

雷家を潰されてしまい生活の糧を失った村の人々。

林動は村人から責められる。

族長は村人をなだめることを口実にして、林動を投獄する。

林動は無事に脱獄し、林琅天への復讐を決意し村を去る。

 

第9話 裏切り者の血筋

元門に戻った林琅天。

故郷を出た林動たちは岩大師を探すため炎城の奇物楼に行くも追い返される。

そんな折、岩大師もまた魔物に対抗するために、裏で手を回そうとしていた。

 

第10話 奇物楼

青檀の寒毒の発作治療薬が手に入るとおびき寄せられて、林動たちは奇物楼へと入って行く。

岩大師の策略でありながらも、林動は陰龍涎 をを発見することに成功。

 

しかし、そんな喜びもつかの間。

林動たちは徐々に追い詰められていく。

地響きが鳴ったと思った途端、奇物楼の壁に大きな穴があき、炎虎が出現。

林動たちはその穴から脱出していく。

 

第11話 小炎誕生

炎虎の助けのおかげで奇物楼から逃げ切れた林動と小貂。

しかし、炎虎がうっかりと陰龍涎を飲み込んでしまい、小貂は激怒。

炎虎が飲み込んだのは化形丹だった。

それに喜ぶ林動と青檀。

 

一方で、太清宮では符使の選抜が行われ、その結果、綾清竹が選ばれる。

 

第12話 継承者、現る

符使に選ばれた綾清竹は岩大師のもとを訪ねる。

奇物楼では大乱闘が…。

林動は綾清竹の手を握り続けると、綾清竹の持つ本命霊符が林動に共鳴。

岩大師は符師会の会長に林動を任命。

 

第13話 符師会の新会長

林動は岩大師より『8つの護符のいわれと継承者の責任、そして魔物は1体ではないこと』を聞かされる。

林動は一旦符師会の会長を辞退するも、青檀の寒毒の治療を岩大師にとりつけ就任を承諾。

岩大師は青檀の寒毒の治療と言う約束を果たす。

そして、『青檀の寒毒は暗黒殿から来ているようで、一種の元力のようだ』と伝える。

 

第14話 双生の符術

話の中で魔物に襲われた林動と応勧勧。

林琅天と綾清竹は救出に行くが、彼らも魔物から攻撃を受けてしまう。

 

同時に、奇物楼も何者かによって襲撃を受ける。

犯人の手掛かりを得たい林動は、萱素に騙され襲われる。

岩大師に助けられて正気に戻る林動だが、奇物楼の弟子たちにも影響が出ていた。

奇物楼の弟子救出に向かう林動。

 

第15話 幻想からの生還

達人の墓の仕掛けで棺に陥落した林動と綾清竹。

何とか脱出に成功するも綾清竹が墓の主に取りつかれてしまい、林動を倒す騒ぎになる。

 

そこに林琅天と応勧勧が応戦。

危機を察知した岩大師は、元丹を使って取りつかれている林動の精神の世界へ入ろうとする。

 

第16話 修練 開始

岩大師たちの助けで九死に一生を得た林動。

塔闘に向けて修練を始める。

林琅天は林動の指導をし、かつての兄弟愛を取り戻したかのように見えるが…。

実は、裏で糸を引く人物がいた。

 

第17話 効能

元丹を傷つけて降格した綾清竹。

綾清竹を太清宮に連れ戻すために沈清と蘇柔が奇物楼へ行く。

 

また、林動は綾清竹の元丹が傷つき自責の念にかられる。

そして元丹を修復させようとする。

林動は元丹を練り直すことに成功するも、岩大師は激怒し林動に符師会の会長を辞め炎城から出ていくように言う。

 

第18話 稲妻を呼ぶ試練

岩大師から叱責された林をかばう綾清竹。

岩大師は『林動に対する偏見を捨てて符使としての責任を全うするように』と綾清竹に言う。

林動は林琅天に捜索を託す。

林動の狙いは、天元境に昇級することだった。

そのために岩大師から課された修行に励む。

そんな中、林動は落雷を受ける。

 

第19話 符師塔の頂上へ

ついに符師塔が姿を現す。

塔の中へと飛び込む林動たち。

卑劣な妨害工作にあいながらもの、塔戦は引き分けに終わる。

 

その時、符師塔のに何者かが入って行く。

林動たちは番人たちが殺害されているのを発見し、再び林動と綾清竹は塔内へと入って行く。

 

第20話 主の召喚

林動は綾清竹を地上へ戻して、たった一人で風陣へ挑むつもりだった。

しかし、塔の番人をなくしてしまったため、符師塔は倒壊寸前だった。

そんな中、応勧勧は林動救出のために塔内へと入って行く。

 

頂上でやっと祖石を手にした林動。

 

第21話 岩大師、死す

青檀と林琅天がいなくなったことを知った林動。

やみくもに探そうとするが、一旦は様子をみることに。

応勧勧と小炎は林琅天を疑っている。

 

林動は青檀と林琅天の命を引換に祖石を渡すように要求される。

しかしそれは罠だった…。

そして、1人残る岩大師のもとに姿を現したのは…。

 

第22話 玄氷護符の継承者

岩大師は息を吹き返す。

魔物に略奪された地図は偽物だったのだ。

青檀より言霊を聞いた林動。

 

道宗の自室に軟禁されている応勧勧は、玄氷護符の主と出会い自分が護符の継承者だと聞かされる。

しかし継承者になるには、林動への想いを断たなければならなかった。

悩む応勧勧。

 

第23話 新たな助っ人

林動と小炎は万金紹介の大番頭・夏万金に出会う。

彼はお金に強欲だった。

そんな彼こそが林動たちが探し求めていた内偵の符師だったのだ。

 

応勧勧は道宗から抜け出し林動に会いに行くが、その時既に偽物の応勧勧が林動に会っていた。

 

第24話 霊輪鑑の行方

魔物を探しに行った綾清竹は、青檀と林琅天に遭遇。

青檀は自分を連れ戻そうとした綾清竹を攻撃して、気絶させてしまう。

死闘を繰り広げる最中、林動はある石を見つける。

 

第25話 偽者たちの正体

林動と再会して喜ぶ応勧勧。

林動と夏万金は精神地図を解読するために霊輪鑑を使い精神界へと入って行く。

そして、応勧勧を救出へ向かう。

そんな最中、応勧勧は無情にも殺害されていたのだった…。

綾清竹は悲しみにくれる林動を慰める。

そして、林動はある計画を実施することを決意する。

 

第26話 大傀城騒然

林動は、万金紹介で競売を始める。

騰儡をおびき寄せるためだった。

しかし、傀儡は小炎を人質に交換条件として精神地図の引き渡しを迫ってくる。

渋々傀儡の要求をのむ林動。

 

そんな中、林動は青檀に『林琅天と魔物退治をしたい』と言われる。

そして、大荒れ古碑が開かれる。

 

第27話 奪われた空間護符

林動は何とか造化武学を入手する。

傀儡は林動の大荒天手によって傷ついていた。

復讐にあう林動たちは古碑の中に閉じ込められる。

 

林琅天は空間護符を入手するが、青檀が騰刹にさらわれてしまう。

林動は空間護符と青檀をさらったのは、騰刹だと思いこむ。

その時、空間護符の制御がなくなり大荒古碑が倒壊する。

 

第28話 陰傀宗の禁術

倒壊していく大荒古碑に閉じ込められている。

古碑の外にいた。

林動と応勧勧は、綾清竹たちと協力し、間一髪のところで抜け出すことが出来た二人。

 

林動は青檀を取り戻そうとするが、騰儡は真実に気付き殺害される。

岩大師のアドバイスもあり、林動は夏万金の残留物を探し始める。

 

第29話 九陰魔玄陣の罠

林動たちは九陽神草符を完成させる。

そして、青檀を騰刹から救出するために動き出し、九陰魔玄を突き破っていく。

しかし、それは息子の敵討を画策する騰刹の罠だったのだ。

 

今度は青檀の命を引き換えに呑護符の封印を解く符文を差し出すように言われる。

しかし、青檀が命をかけ反撃。

皆が見守る中で青檀は静かに旅立つ。

 

第30話 不審な寒気

林動は青檀の死がショックですっかり引きこもってしまう。

意気消沈している林動を励まそうと、綾清竹は彼を外に連れ出して元門を探りに行こうと言う。

元門に到着する二人。

 

一方、林動と応勧勧は万金紹介の秘密部屋から大量の書物を持ちだす。

その中には、別の護符の所在を示す精神地図があった。

 

第31話 執念の村

林動は応勧勧と一緒に雷霆護符を探すと、湖近郊にある村を見つける。

その村には、一足先に綾清竹が入っていた。

村長は『村は代々雷霆護符を守っている。符師が来るのを待っていたのだ』と綾清竹に言う。

しかし、彼らの正体は…綾清竹の父親にかつて殺害された精神残像だった。

 

第32話 雷霆護符の継承者

林動たちは雷霆護符の光をみつける。

雷霆護符を手に入れる。

綾清竹は湖の底で解読された指針地図を拾う。

 

周囲が寝静まった時、魔物の気配を感じ取った林動。

その気配に誘い出され行くと、六王と遭遇し雷霆護符を渡せと言われる。

 

第33話 大炎朝の王子

林動は林葬から林家の栄誉のために、大炎朝の王子の元へ行くように依頼される。

林動はかつて林家からのしうちが頭に蘇り、その頼みを受けるかどうか悩んだ末、万象城へ行くことを決意。

 

林動は王子から玄氷護符を入手するため手を貸してほしいと頼まれ快諾。

しかし、彼を邪魔しようと企む林琅天。

 

第34話 裏切りの代償

林動は林琅天と青檀に襲撃されて気絶している応勧勧を発見する

そして、自分の想いを告白。

気持ちを互いに確認し合う2人。

 

族蔵に入って玄氷護符を手に入れようと目論んでいた林琅天は、林動は魔物と通じ合っていると王子へ訴える。

林琅天に裏切り行為に傷心の青檀。

青檀は自分が魔物だと認める。

 

第35話 玄氷護符の封印

応勧勧は六王を封印しようと玄氷護符を開く。

そのことで老化してしまう。

しかし、林動はそんな応勧勧に求婚する。

 

応勧勧を治療してもらおうと空間護符の持ち主・林琅天のところへ行くと、林琅天はその交換条件として玄氷護符を開き六王の解放を要求してくる。

林動はその要求を拒否する。

応勧勧は自分のために林琅天に捕らえられた林動を救うために自らの命を懸けて護符を開く。

 

第36話 引きささかれた運命

応勧勧は玄氷護符を開いたことで、益々老化してしまう。

玄氷護符の主としての運命を受け入れて、林動の元を去ることを決意する。

それでも、応勧勧と運命をともにしようと諦めない林動。

 

第37話 道宗への入門

林動は応勧勧と一緒に道宗への入門を願い出る。

林動はは無事に試験を通過。

しかし、応勧勧との経緯を知った兄弟子たちからは嫌がらせされてしまう中、唯一の理解者は新弟子として入門した大炎王朝の王子・莫凌。

 

一方で、林琅天は青檀から面会拒否をされ、益々かたくなになっていく。

 

第38話 三宗の誅殺番付

林動は応勧のいる天殿へ入ろうと苦闘するが阻止されてしまう。

番付の上位者・周通に惨敗した林動に、悟道は大荒蕪経を習得せよと言い荒殿へ連れて行く。

 

第39話 風を斬る

周通を倒すために、大荒蕪経の鍵である武学殿に乗り込む林動。

武学殿には、かつて周通に期待を寄せていた応玹子の師叔がいた。

林動は、その師叔から大荒蕪経の技を習得しようとする魔物の気配を感じとる。

そして、武学殿には三王が封印されていることも。

 

応玹子たちは周通と魔物の因縁を林動に話す。

 

第40話 新たなる幕開け

道宗を襲撃した三王を誘い出し復讐をして、弟子たちを守ろうとする応玹子。

林動と周通も参戦する。

あと一歩と言うところで三王を取り逃がしてしまう。

自分の犠牲と引き換えでなければならないと悟った林動は、自分の目を潰し三王を倒す。

失明したことを応勧勧に知られたくなくて、彼女に会えに行けないでいる林動。

 

第41話 三宗の腕だめし

林動が三王を倒したことで、平和になった人間界。

しかし、林動は失明しすっかり昇殿への意欲を失っている。

当初は宗主・応玹子や兄弟子たちから参加するよう言われても渋っていたが、焚天古蔵の地図が護符のありかを示す精神地図だと知って、腕試しに参加することを決意

そして、腕試しが始まる。

 

第42話 魔道に落ちて

焚天古蔵に妖精が襲来し、道宗や太清宮の弟子たちが襲撃される。

莫蔣と蔣浩を目の前で失う林動。

林動は林琅天から魔物の例を感じとる。

 

林動を心配する応勧勧は、悟道になり林動に付き添うも、応勧勧自身も氷主になる最終段階が目前に差し迫っていた。

 

第43話 供荒護符と紫金甲

林動は悟道にうまくまるめこまれ応勧勧の陣を破る。

林動は焚天古蔵で供荒護符と出会う。

 

その頃、元門を探しにいった小貂の行方が分からなくなっていた。

小貂を探すため元門に行った林動一行は、元力湖を見つけるもそこにいたのが…。

 

第44話 新たな統率者

林動一行は、元力湖で魔物になった林琅天を目のあたりにしてしまう。

追ってを巻きながら無事に元門から逃げきる林動と応勧勧。

そこに林琅天が元門の弟子たちと共に姿を現す。

林琅天は惨仟仟の霊を取り込み元門の長老になる。

三宗には大きな亀裂が入る。

林動は道宗を去り、岩大師の力を借りようと炎城へと向かう。

 

話45第 伝説の妖域へ

林動と応勧勧は道宗が元門の襲撃を受けたことを耳にして駆けつける。

そこには、虫の息の応玹子と裏切り者の悟道がいた。

応玹子は林琅天に裏切られ命を落とす。

応勧勧はショックを隠せない。

自らの手で纏心鏡を割って林道をの別れを決意する。

応勧勧は辛い気持ちを封印して、小貂と小炎と一緒に妖城へ向かう。

 

第46話 継承の儀

伝説の妖城行った林動は、小貂と小炎と離れ離れになってしまう。

暗黒殿に辿り着く林動。

そこで青檀と再会を果たす。

 

青檀は翌日に暗黒殿の殿主になる継承の儀を翌日に控えている。

妨害にあうが、林動の手助けで無事に次期殿主になる。

しかし、青檀が謀反を起こした人たちに対し余りにも非情だったために、複雑な思いを抱く。

 

第47話 砂漠の出会い

青檀が暗黒殿の主の位に就任した頃、林動は波玄から波玄が符祖の8人の弟子・太古八主の一人で唯一の生き残りだと聞かされる。

 

妖城に戻る小貂と小炎。

小貂は結婚のために身柄を捕らえられる。

暗黒殿を去った林道も白狼族に襲われた九尾狐族の姫姉妹たちに遭遇する。

 

第48話 九尾狐族の姫たち

九尾狐族の姫たちは生死護符の主だった。

募心晴との結婚を強制する昊九幽から逃げ出した小貂も無事に林動と再会をする。

天妖貂族の中に魔物が潜んでいると考える姫姉妹。

天妖貂族を尾行する。

 

第49話 貂王の正体

貂王を救出した林動。

魔皇の肉体は天洞に封印されていて、それを解く鍵は天妖貂族と九尾狐族が半分ずつ持っていると。

 

偽物の貂王の正体は、なんと林琅天だった。

林琅天の要求に応じようとする林動と小貂だったが、貂王はそれを拒否したため林琅天から重症を負わされる。

 

第50話 謎の城主

林琅天のせいで族長をなくしてしまった天妖貂族と九尾狐族。

林動と小貂は一旦別れる。

林動は林琅天が傷心なのでどこかで休んでいると踏み、妖域で唯一の街を目指す。

 

第51話 父との出会い

林動と綾清竹は精神の世界へ入ると、そこで綾清竹の両親を見る。

実父の姿とは、…城主だったのです。

父青雉は体内に五王を封じていて、既に父青雉の体は限界にきていた。

父青雉は2人にその時の経緯を話聞かせるも、林動と2人きりになった時に父が話した内容はそれとは異なるものだった。

 

第52話 旧友たちの再会

火焔城でのこと。

小炎と慕心晴は、林琅天の気配を感じる。

林動は林琅天に屈辱的な敗北をする。

精神の世界。

林動はは岩大師の元を尋ねると青雉も来て久々の再会を果たす。

林動が囮になって林琅天を誘い出すと作戦を立てる。

 

第53話 恒久と一瞬のはざまで

林動と綾清竹は林琅天の策略に嵌ってしまい、で雲荒沢に閉じ込められる。

綾清竹はついに死をも覚悟してしまう。

そして、秘めたまま死にたくなくて、ついに胸の内を林動へ伝える。

綾清竹は自分の身を犠牲にしてでも、決死の覚悟で林動の命を守ろうとする。

しかし、何とか生還を果たした2人。

何とか林琅天を討とうとするも、林琅天は隙を見て火焔城から脱出する。

 

第54話 火焔護符の主

青雉と綾清竹は妖城から戻る。

そして、綾素素と感動の再会をする。

 

魔物と化した林琅天は、元門とともに道宗と太清宮を襲撃。

林動や応勧勧、岩大師も太清宮へ駆けつけるが、またしても林琅天の陰謀にはまって捕えられる。

重症の宮主・沈清はそのまま息を引き取る。

 

第55話 欲望の螺旋

応勧勧は林動が太上に到達できるようにと、林動を綾清竹はに預けて一人で下山する。

林動たちは魔物と元門を討ち、太清宮は救われる。

しかし、自分が林琅天に操られて魔皇復活の一手を担っていたことを知る。

魔皇の襲撃で意識が薄らいでいく林動。

 

第56話 魔皇の復活

林動は応勧勧に別れを告げる。

そして、林動は天洞を目指して行く

魔皇は封印を解き復活。

 

青雉と林琅天は思惑は別々にあったが、魔皇を討つタイミングを見計らっている。

青雉へ不信感を抱き始めるも、青檀に説き伏される。

魔皇は徐々に衰弱していく。

青雉は林琅天を制して林動の体を乗っ取ることを提案。

 

第57話 最後の犠牲者

林動はまたもや林琅天に捕まってしまう。

仲間たちが救出に来たのかと思ったが、実はそれも林琅天による罠だった。

林琅天に操られる小炎。

何と、慕心晴までも自らの手にかけてしまう。

 

林動と青雉は魔皇を討つための策を練るが、あっけなく見破られる。

林琅天は魔皇を射ることができるのは、もはや自分だけしかいないと言う。

 

第58話 符使の使命

小炎は慕心晴をなくし悲しみに浸る。

青檀はそんな小炎を励まし、林動の救出を約束する。

青檀は魔皇に攻撃をしかけていくが、体内の五王に操られてしまう。

そこに妻・綾素素が来て青雉を正気に戻してくれる。

 

その頃、波玄が魔皇のを倒し自らも息絶える。

 

第59話 生死護符の主

林動たちは妖晶を持って道宗を尋ねる。

慕心晴は、霊珊の犠牲で生死護符として生き返る。

そして林動と共に青陽村を訪れる。

 

青檀は林琅天から空間護符を略奪し8つ全ての護符が揃う

しかし、林琅天は次元の胎によってもう1つの青陽村を作り出そうとする。

 

第60話(最終話)邂逅

林動は新たな世界に君臨しようと言う林琅天の申し入れを拒否。

2人の死闘が繰り広げられる。

林動は林琅天の力に気絶し、精神はある世界の中へ…。

 

その世界には、応勧勧と結婚を控えた自分がいた。

3年後結婚生活を送り自分の世界へ戻るようにと応勧勧の声で目を覚ます。

 

と言う内容になっています。

林道の愛する者と平和を願い、壮大な戦いに挑む有志に心打たる映像になってますね。

神龍<シェンロン>-Martial Universe-は現在U-NEXTで独占配信中です!
最終回を今すぐ楽しみたい方はU-NEXTをご利用ください♪

↓【独占配信中】
31日間の無料トライアルキャンペーン中↓

神龍シェンロン動画

今すぐ無料トライアル>
もっと情報を知る>
↑神龍<シェンロン>-Martial Universe-を無料で視聴する

中国ドラマ『神龍<シェンロン>-Martial Universe-』の全話ネタバレまとめ

この記事では、中国ドラマ『神龍<シェンロン>-Martial Universe-』の全話ネタバレをしてきました。

いかがだったでしょうか。

 

中国史上最大級のスケールのファンタジースペクタル時代劇は圧巻です。

イケメン・ヤンヤンが人類の救世主へと成長をとげる様を是非堪能してみて下さいね。

見て後悔のない作品!

まだ視聴されていない方、おすすめですよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です