力の強い女トボンスンネタバレまとめ!イケメン二人に胸キュンが止まらない!

力の強い女トボンスン ネタバレ

韓国ドラマ『力の強い女トボンスン』全話ネタバレをしていきます。

 

『力の強い女ト・ボンスン』はJTBC『愛するウンドン』のペク・ミギョン脚本家と、『カッとナム・ジョンギ』のイ・ヒョンミン監督が意気投合した作品で、女性たちの心を代弁するストーリーが描かれています。

とんでもない怪力を持つト・ボンスンが、変わり者のゲーム会社CEOと正義感あふれる熱血刑事と繰り広げるラブコメディにキュンキュンが止まりません!

 

それでは早速、韓国ドラマ『力の強い女トボンスン』全話ネタバレをしていきますので、ネタバレ知りたい方は必見です!

 

『力の強い女トボンスン』全話ネタバレ

韓国ドラマ史上見たことのない、強くてかわいいヒロインパク・ボヨンの恋路に注目です!

 

第1話ネタバレ『怪力遺伝子』

高校生のミョンヒョクは花を持ってバスに乗車。

ミョンヒョクの乗ったバスのタイヤがパンクしてしまい、通行人にぶつかりそうになるとバスは突然停止。

すると、そこから一人の女性の後ろ姿が見える。

 

先祖代々受け継がれている怪力遺伝子の持ち主ト・ボンスン

その内容は、『アルベルタン年代記をなくさないと命はない。』と言うものだった。

ボンスンの怪力は悪事に利用してしまうと、皮膚病を患って怪力がなくなる呪縛付きで、母親は既に怪力を失っていた。

 

帰宅途中、幼稚園バスの運転手に暴行しているチンピラをやっつけ負傷させてしまう。

事情聴取を受けるボンスンでしたが、何とその担当刑事は、高校生の頃から片思いをしていたグクドゥだった!

目撃者のミンヒョクは『チンピラ同士の喧嘩だった』と証言。

 

第2話ネタバレ『スカウト』

ちょうどボディガードを雇おうとしていたミンヒョクは、ボンスンをスカウト。

ボンスンは憧れの相手からのオファーだったので快諾する。

入社試験(実技)も難なくクリア。

 

そんなある日、道峰洞で女性が殺害される事件が起き、グクドゥが担当することになる。

女性は一命は取り留めたけれど、入院先の病院から拉致されてしまう。

脅迫犯人の仕業と思い身の安全を確保するために、ミンヒョクの傍で夜を過ごすボンスン。

 

第3話ネタバレ『見舞い』

入社試験で負傷させてしまった秘書のお見舞いに行くボンスン。

被害者の病室を見張っていたグクドゥから、『トイレに行く間だけ』と病室の見張りを頼まれたため見張りを代わる。

そこに『緊急手術をする』と偽の医者が現れ、被害者を連れ去る。

犯人を見た彼女の警護のために来た刑事が、何者かに襲われてしまう。

 

道峰洞とは無関係な事件は自分で解決すると誓う。

ミンヒョクは、父親の会社の後継者が自分になることで脅迫をされているのだと考えるようになる。

そしてその夜、新たに道峰洞で女性が拉致される事件が起こる。

 

第4話ネタバレ『同棲』

ミンヒョクへの脅迫は日を増すごとに加速していく。

ボンスンを自分の家に住まわせ、お互いを守ろうと考えるミンヒョク

 

ボンスンと一緒にいた刑事が襲われたことで心配しているグクドゥ。

徐々にボンスンにとって、グクドゥの存在が大きなものへとなっていく。

そして、いよいよ自分の恋心に気付くボンスン。

 

クローゼットから続く地下室で一晩を過ごした2人は、ミンヒョクを襲ったバイクの持ち主の家に乗り込んで行く。

 

第5話ネタバレ『まさかの真犯人!』

ミンヒョクは真犯人を探すため、実家にもボンスンを連れて行く。

ミンヒョクの家族と一緒に食事をするボンスン。

ミンヒョクの父親がついに『オゾングループの後継者にミンヒョクを任命する』と発表。

2番目の兄はミンヒョクの経営手腕を評価して賛成する。

そんなミンヒョク一家の様子を見て、父親が犯人だと断言したボンスンでした…。

 

そんな中、道峰洞女性拉致事件の容疑者がかけられている男が再び女性を拉致する事件が。

その翌日、ミンヒョクは怪しい男にエアガンで襲撃される。

 

第6話ネタバレ『狙われたミンヒョク』

ボンスンがミンヒョクの家に泊まることを快く思っていないグクドゥ。

ボンスンのことが頭から離れません。

エアガンで襲撃さらたミンヒョクは腕を負傷。

その手当をするボンスン。

 

ミンヒョクが家にいると、再び脅迫電話がかかってくる。

ボンスンを帰らせてつまらなくなったミンヒョクは、ギョンシムと映画を見に行くボンスンについて行くことに。

気分転換に立ち寄ったクラブでボンスンは、酔っ払い店内でバーを振り回す。

 

第7話ネタバレ『不祥事』

ボンスンがクラブで酔ってバーを振り回している動画がネット上に流出してしまう。

ミンヒョクは知り合いの記者に、動画を削除するよう依頼する。

 

ある時、偶然連続誘拐犯人を見つける。

更に、ミンヒョクを脅迫していた犯人も判明し、ショックを受けたミンヒョクを慰めるボンスン。

2人はお互いに自分の秘密を打ち明けて、距離を縮めていく。

 

第8話ネタバレ『再び同棲』

警察の指示で、ミンヒョクの家に住むことになったボンスン

事件の事が頭から離れず眠れない。

ボンスンの事が気になった警官グクドゥがミンヒョクの家にやって来る。

 

ゴクドゥは、『実は友人だと思っていた人が自分の心の中にいた。他の人を思っているのにこれ以上関係は続けられない』と、ヒジに別れを告げる。

その頃、ボンスンはミンヒョクの母親のお墓に来ていた。

ミンヒョクの母親は、父の愛人だったため苦労してミンヒョクを育てていたのだった。

ミンヒョクが育った時、彼だけが実家に引き取られてしまい、悲しい最期を迎えていた。

ミンヒョクはずっとそのことに恨みを抱えていた。

 

第9話ネタバレ『ミンヒョクのゲイ疑惑』

翌朝、酔いざましの朝食を二人に用意するボンスン。

その時、ミンヒョクの携帯に脅迫電話が入る。

『ミンヒョクがゲイだ』という噂が広まり、オソン建設の株価が大暴落。

記者に手をまわして記事をもみ消してもらうミンヒョク。

噂をかき消すために政略結婚をしろと言う父のアン会長に対し、『既にこの人と住んでいます。彼女と結婚します!』と言うミンヒョク

そして、勢いづいたミンヒョクは『近いうちに孫も見せられる』とまで豪語。

ボンスンは『人権侵害よ。母はきっと反対する』と激怒しているところにちょうど母親から連絡が入り、『ミンヒョクとは順調なのか?』と聞かれ戸惑うボンスン。

 

第10話ネタバレ『傷心のミンヒョク』

ミンヒョクの自宅に何者かが侵入する。

ボンスンは男たちをフライパンで殴る。

 

その頃、オソングループでは後継者を発表する株主総会が開催され、ミンヒョクは今まで尾行や脅迫などを受けていたことを説明する。

通話内容が録音されているUSBを受け取り、脅迫電話の犯人を知って落ち込むミンヒョク

音声の持ち主は、ミンヒョクが一番信頼を寄せていた2番目の兄だった。

ミンヒョクは『もう誰も信じられない』と落胆し、そんな彼を慰めようとボンスンは遊園地へ連れ出す。

その帰り道、偶然母親と祖母と鉢合わせになった2人。

その後、ミンヒョクと2番目の兄は話をして蟠りがなくなります。

『単に脅かすだけのつもりだった』と言う兄に、『昔助けてもらった恩があるから、今回の事は他言しない』とミンヒョク。

 

第11話ネタバレ『姿をあらわした犯人』

ボンスンの怪力を調整しようとするミンヒョクとボンスン。

ある日、病院にいるボンギに差し入れを持って行ったボンスンは、ボンギに告白しているヒジのを見て『グクドゥを傷つけないで、弟の心も揺らさないで。』と言う。

その後、ギョンシムの病室に向かった彼女は、医者に変装しギョンシムを誘拐しようとする犯人に気づき追いかけるが逃してしまう。

ゴクドゥはボンスンをしかりますが、『私の心配はいいから彼女に優しくしてあげて』と言うボンスン。

 

ボンスンの家族はミンヒョクとの恋愛を応援している。

父親は『ボンスンのことを宜しくお願いします。私にとっては世界で一番大切な娘』と伝えると、ミンヒョクも『僕にとってもボンスンは大切な存在です』と返す。

会長から『株主総会で婚約発表をしろ』と言われるミンヒョク。

 

第12話ネタバレ『グクドゥの本当の気持ち』

グクドゥはヒジに、自分でも気づかなかった本心を告白して別れを告げる

ミンヒョクの実家でボンスンはアン会長と和やかに過ごす。

アン会長から『ミンヒョクのどういうところが好きなの?』と聞かれ、『本当はばかで、ウルトラ暗いところ』と答えます。

アン会長はその答えを気に入り『ミンヒョクのことをお願いする』とボンスンに言う。

 

一方、ボンスンにやられたペク・タク派は『母親を拉致した』と電話で彼女を呼び出す。

連絡を受けたミンヒョクとグクドゥは、ボンスンの位置追跡をし探しに向かう。

現場に到着すると、ペクタクが『組織の名誉が地に落ちた』と激怒し謝罪を要求してくる。

ミンヒョクとグクドゥもミンヒョクの元へ急ぐ。

 

第13話ネタバレ『グクドゥに怪力を目撃される』

ペク・タク派に呼び出され一人で現場へ向かうボンスン。

ボンスンは力を調整しながら、相手をやっつける。

そこに駆けつけたミンヒョクは、過去に自分を助けた女性がボンスンだと知る。

遅れて現場に駆け付けたグクドゥは、ボンスンの怪力を目撃してしまう。

 

ボンスンをかばってミンヒョクが負傷したことを知った母親は、『恩返しでボンスンを上げる』という。

お見舞いにきたアン会長と喧嘩をし『会社は継がない』と言い始めるミンヒョク。

 

第14話ネタバレ『潜伏捜査』

グクドゥの所属する凶悪犯罪3課は潜伏捜査を開始する。

その動きに気がついた犯人は、逆にグクドゥの元カノ、ヒジを狙う。

グクドゥは、ボンスンに捜査協力を求め、容疑者の声を聞いた彼女は真犯人を確信する。

しかしその瞬間、凶悪犯罪3課の刑事から『犯人が捕まった!』と連絡が入る。

犯人は4人目の花嫁のストーカーだった。

ミンヒョクは犯人が捕まったことで安堵していたが、『あれは真犯人ではない』と言うボンスン。

 

第15話ネタバレ『企画開発チーム』

仕事があるのでミンヒョクの看病を母親に頼むボンスン。

ボンスンは、『企画開発チーム』に配属されたボンスンは社員証とバッグをプレゼントされる。

期待に胸を踊らせるボンスンだったが、ボンスンの仕事場所は『ミンヒョクの部屋』に作られた仮の部署だった。

同僚もおらず一人ぼっちで寂しく感じるボンスン。

ミンヒョクは自分のことを『チーム長』と紹介し、コン秘書と一緒に会議を始める。

 

そこに『企画開発1チーム』のチーム長、オ・ドルピョが現れるが自分分を狙った犯人とそっくりのドルピョを見て、ボンスンは驚く

ドルピョは『俺に嫌われたら最後。社長に近寄るな』とボンスンに忠告をしてくる。

事あるごとにボンスンに脅しともとれる忠告をしてくる。

 

第16話ネタバレ『ミンヒョク深夜の告白』

ボンスンが気になって眠れないミンヒョクは、深夜にボンスンの家に向かいボンスンに告白する。

『もう片思いはやめろ。お前のことが好きみたいだ!』と。

突然のことにボンスンは動揺し、思わず『考える時間が欲しい。自分の気持ちを確認したいの』と。

 

そんな時、ミンヒョクとグクドゥの2人から、映画の誘いを受けるボンスンは、どちらの誘いに行くべきか悩む。

会社に向かったボンスンは、オ・ドルピョから嫌がらせを受けるので怪力を使い彼を驚かせる。

 

ボンスンは送信相手を間違ってミンヒョクにはため口で、グクドゥには敬語のメールを送信してしまう。

ミンヒョクは親しみを感じ胸を躍らせる。

カフェでグクドゥを待っているボンスンのもとにミンヒョクがやって来る。

『俺のことを好きになれ。今日は一緒にいよう』と言う。

ボンスンは『私は他の人とは違うけれど…それでもいいのですか?』と尋ねると『そんなことは関係ない』と言い、ミンヒョクはボンスンを抱きしめる。

 

第17話ネタバレ『ミンヒョクの積極アピール』

『俺を好きになれ』と言うミンヒョクを前にためらうボンスン

ミンヒョクはそんなボンスンを抱きしめる

照れるボンスンの手を握り、家まで送るミンヒョク。

 

グクドゥも黙っていない。

今度はグクドゥに『お前とは友達でいたくない』と告白される

しかし、『あなたが友達で心強かった。大切な友達を失いたくないの』と失恋してしまう。

プレゼントしようと持っていたネックレスを、隠すグクドゥ。

 

一方、凶悪犯罪3課は、容疑者キム・ジャンヒョンを見張る。

しかし、ヒジの代わりにギョンシムが拉致されてしまう。

 

その頃ラブラブメールを送りあうボンスンとミンヒョク。

可愛すぎると興奮気味のミンヒョク。

 

第18話ネタバレ『連絡のつかないギョンシム』

ミンヒョクからセミナー室に呼ばれたボンスン。

2人きりのセミナー室でミンヒョクは『気持ちを確認したいって?そろそろ答えろ』とボンスンに言う

ボンスンの笑顔を見たミンヒョクはボンスンにキスをする

自宅に帰ったボンスンは、連絡がないギョンシムが気になりメールを送る

ギョンシムの身に危険が及んでいると察知するボンスン。

返信がないことを不審に思いグクドゥに位置追跡を頼む。

グクドゥも処分覚悟で捜索に乗り出す。

現場に到着したボンスンは、犯人の匂いを感じ取るのですが発見することはできない。

家に帰ったボンスンはギョンシムと犯人が映った動画を受け取る。

『警察に通報したら命の保証はない』と言われていたので、ミンヒョクに助けを求める。

 

第19話ネタバレ『脅迫メール』

ボンスンにギョンシムを拉致したことを知らせるための脅迫映像が届く。

ミンヒョクは同様するボンスンを『1人で解決しようとするな。お前を守りたい気持ちを分かってほしい』と心の中で囁きながらネックレスを付ける。

 

凶悪犯罪3課は、捜査を開始する。

映像から聞こえる音声から、廃車工場を思い出したボンスン。

ボンスンは一人で廃車工場に向かうが、既に犯人はギョンシムを連れ逃げた後だった。

不審な建物の中に入っていくと、そこには拉致されていた女性の姿があった。

爆薬をしかけられた廃車工場から無事脱出したボンスンたち。

警察やグクドゥ、ミンヒョクもやってきて単独行動を叱られるボンスン。

『警察に言うと人質の命はない』と言われていたボンスンは、動画を警察に見せて極秘捜査を依頼する。

キム・ジャヒョンは全国指名手配犯に。

 

グクドゥと親しげなボンスンを見たミンヒョクは不安になり『俺の存在は何?1人でお前はどこかに行ってしまいそう』と不安を口にする。

ボンスンは『私には恋愛は贅沢。社長ももう気楽に生きてほしいので終わりにしましょう』と別れを告げるも、受け入れられないミンヒョク。

 

第20話ネタバレ『犯人キム・ジャンヒョン』

ボンスンに、犯人キム・ジャンヒョンから電話がかかってくる。

有給取得をしたいとメモを残し、また1人で動き始めるボンスン。

ボンスンがギョンシムを解放を求めると、夜に工事現場へ来るように言う犯人。

ボンスンは、一人で行くことを決意するが、ボンスンの位置追跡をしていたミンヒョクはグクドゥに連絡しながら工事現場に向かう。

 

ボンスンが工場に到着すると、リフトにくくり付けられたギョンシムがいて、覆面をした男がやって来た。

怪力を使ってリフトを投げ飛ばしギョンシムを救出する。

しかし、覆面の男は犯人ではなく警備員だっため、罪のない人間を傷つけたことでボンスンは力をなくしてしまう。

 

第21話ネタバレ『消えた特殊能力』

ボンスンが怪我をさせた警備員は幸い無事だった。

怪力の特殊能力が消えて落ち込むボンスンを母親が慰める。

そしてミンヒョクも、ボンスンを慰めるためにデートに誘う。

平凡な女の子としてのデートをする。

 

そんな最中、死んだはずの犯人キム・ジャンヒョンがミンヒョクの会社に侵入する。

ずっと復讐の機会を狙っていたのだった。

たまたますれ違ったキム・ジャンヒョンに気づいたグクドゥは、ジャンヒョンを捕まえようとしたが逃げられてしまう。

グクドゥはミンヒョクに知らせ、会社の出入り口は封鎖される。

キム・ジャンヒョンは『15分以内に本社を爆破する』と社内アナウンスを流す。

『緊急事態発生』と放送し、社員を避難させるミンヒョク。

ミンヒョクは電気回路を遮断しキム・ジャンヒョンの行く先を封鎖していく。

 

第22話ネタバレ『抱き合うグクドゥとボンスン』

無事にジャンヒョンの犯行から助かり、ボンスンとミンヒョクは一緒に食事をする。

『帰るの やめようかな』というボンスンの言葉にミンヒョクは笑うのがとめられません。

 

しかし、ボン分の父親から連絡が入り『今から送っていきます』と渋々帰宅するボンスン。

グクドゥも『無事でよかった』とボンスンを抱きしめる。

その場面を見て驚いたコン秘書はミンヒョクに告げ口をする。

ミンヒョクはグクドゥに『人の彼女に手出しするな』と忠告する。

今にも殴り合いを始めそうな2人の様子を見たボンスンは、彼らにお酒を注ぐ。

 

指名手配犯となっている犯人キム・ジャンヒョンは、貨物船で国外への逃亡をしようと企てる。

ミンヒョクはペク・スタクに密輸情報を収集させて、さらに犯人の顔写真をブログで拡散する。

 

第23話ネタバレ『逮捕』

ボンスンの携帯に犯人、キム・ジャンヒョンから連絡が入る

ボンスンは犯人を呼び出したものの、逆に銃で撃たれて重傷を負ってしまう。

もともとの計画通りにジャンヒョンはボンスンを撃ち、密航するため向かった港で先回りしていたグクドゥとミンヒョクによって捕らえられる。

道峰洞にようやく平和が訪れる。

 

ボンスンとミンヒョクの関係は好調そのもの。

周囲の邪魔がないところで抱き合う2人。

 

第24話(最終回)ネタバレ『夢をかなえたボンスン』

ボンスンは、企画開発チームに正社員としての雇用が決まる。

ゲーム開発に携わるという夢を叶えた彼女の次の目標は、自分の怪力”を使って人助けをしたい!ということだった。

 

桜の花びらが舞い落ちる日、ミンヒョクはボンスンにプロポーズした。

ミンヒョクは『一瞬も君がいないと生きていられない。10年後もその先も僕たち永遠に一緒にいよう』と言い指輪を渡してキスをした。

ボンスンのウェディングドレス姿にメロメロで大興奮のミンヒョク。

感無量で父親は泣きっぱなし。

 

2人は挙式後に子供まで授かる

しかも双子の女の子だった。

ベビシッターを雇いながらも、ボンスンは怪力を使った人助けに奮闘する日々を送っていた。

 

『力の強い女トボンスン』は、最後は視聴者もスッキリの確実なハッピーエンドを披露てくれましたね。

 

『力の強い女トボンスン』全話ネタバレまとめ

韓国ドラマ『力の強い女トボンスン』全話ネタバレをしてきました。

いかがだったでしょうか。

 

サイコパス的な事件にサスペンス要素も盛り込まれた本作。

テンポもよく中だるみなしで気持ちよく最後まで視聴出来る内容です。

まだ視聴されていない方は、是非ご覧になって下さいね。

それでは、最後までご覧頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です