輝く星のターミナル(韓国ドラマ)最終話結末のネタバレ!

輝く星のターミナル最終話

輝く星のターミナル(韓国ドラマ)最終話の結末をネタバレしていきます。

 

イ・ジェフン×チェ・スビン×イ・ドンゴン共演!

仁川空港を舞台に旅客サービス部門で働く人々の奮闘とロマンスを温かなタッチで描くヒューマンラブストーリーです。

空港が舞台と言うだけで、ロマンチックな感じがしますよね。♪

景色も綺麗で壮大で、視覚的にも楽しめそうです。

 

全32話の本作、最後が気になって駆け足で最終回あらすじを探している方もいるのでは?笑

今回は、輝く星のターミナル(韓国ドラマ)最終話の結末ネタバレをしていきます。

輝く星のターミナル(韓国ドラマ)最終話ネタバレ

スヨンはイヌの為に超人的な力を使い、無事に事故なく戻ってきましたが…。

知らせを聞いてかけつけたヨルムの前で倒れてしまいました。

果たして最終回、スヨンはどうなってしまうのでしょうか。

スヨンの消息

ヨルムはスヨンの傍でずっと見守る。

ミスター・チャンは『スヒョンを止めなくてはいけない。そうしてこそ生きることができるんだ。彼の体の炎症を放っておけば一週間で危険に晒される。ヨルムができないなら私がする』と言う。

ミスター・チャンは超人的な力を使うスヨンを制止するために、ヨルムに放電器を手渡した。

ヨルムは『本人が選んだ人生を他人が止める権利はあるの?』と言う。

涙の訴え

スヨンは辞表を提出した。

そんな彼にヨルムは『私があなたの手足となるから、お願いだからウェアラブルを脱いで』と訴える。

しかし、スヨンはヨルムの訴えにも耳を貸さない。

『僕は君にとってただの通行人だ。君の記憶の中で生きていればそれで充分だ』と。

キス

2人はキスで気持ちを確認し合う。

スヨンは『毎朝君と目覚める夢を見るんだ』と気持ちを告白する。

ヨルムは彼が眠っている間に放電器を手にして立ちすくむ。

 

目覚めるスヨン。

ヨルムはスヨンに『私のためにもう一度だけ生きて欲しい』と言い、キスをする。

そしてスヨンに放電器を充てた。

1年後の再会

ウンソブは『今はSNSが発達しているからすぐに相手の状況が知れるのに一向に連絡がない。僕はずっと君の傍にいるのに』と言う。

一方のヨルムも『超人的な力でフェンスをなぎ倒した』と言う噂を聞きスヨンを思い出す。

再会したヨルムとスヨン。

お互いに抱きしめ合う。

ヨルムは『今日、多くの星が過ぎ去ってはまた通り過ぎる。このキツネ嫁星に彼が戻って来てくれた』と言う。

 

一時は離れてしまった2人ですが、韓国ドラマあるあるの再会でエンディングを迎えました。

ヨルムがスヨン『私のために生きてほしい』と言ったシーンは涙した視聴者は多いのではないでしょうか。

この何とも言えない余韻を残す綺麗なハッピーエンドは良いですね。♪

輝く星のターミナル(韓国ドラマ)最終話ネタバレまとめ

輝く星のターミナル(韓国ドラマ)の最終話ネタバレをしてきました。

いかがだったでしょうか。

 

最後の最後まで離れたままなのかと思ってハラハラ視聴していた方も多いでしょう。

全32話の本作、ゆったりとした気持ちでリピートしたくなる作品でした。

まだ視聴されていない方も、是非ご覧になって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です